トップ鎌倉を楽しむ サキドリカレンダー 



情報を投稿する    ▲鎌倉を楽しむトップへ



前の月
次の月
新規投稿

先負


企画展「清方と新春の風景」
仏滅


企画展「清方と新春の風景」
大安


企画展「清方と新春の風景」
赤口


企画展「清方と新春の風景」
先勝


企画展「清方と新春の風景」
友引


企画展「清方と新春の風景」
先負


企画展「清方と新春の風景」
仏滅


企画展「清方と新春の風景」
大安


企画展「清方と新春の風景」
赤口


企画展「清方と新春の風景」
先勝


企画展「清方と新春の風景」
友引


企画展「清方と新春の風景」
先負


企画展「清方と新春の風景」
仏滅


企画展「清方と新春の風景」
大安


企画展「清方と新春の風景」
赤口

先勝

友引

先負


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
仏滅


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
大安


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
赤口


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
先勝


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
友引


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
先負


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
仏滅


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
大安


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
先勝


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」

能を知る会鎌倉公演−能の定番曲「羽衣と高砂」
友引


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
先負


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
仏滅


企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
       

前の月
新規投稿
次の月

■ ジャンルで表示するデータを絞り込むことができます ■

全てを表示
音楽
美術
演劇・踊り
工芸
教育
写真
映像
展示
講座・セミナー
教室
イベント・行事・祭
寺社行事
複合イベント
体験
フリーマーケット
TV
雑誌
お知らせ
その他


12月3日(土)〜2017年1月15日(日)  美術・展示  企画展「清方と新春の風景」
鏑木清方は、恵方詣や七福神詣、初夢の宝船など、古くから続く新春の吉事に親しむ幼少期を過ごしました。画家となった後も、意匠を凝らした年賀状を制作したり、弟子たちとの新年会を行ったりと、新年の慣例を楽しんだといいます。清方は季節の移ろいにあわせ佇まいを変える庶民の暮らしに題材を求め、正月を祝う街の人々の様子を日本画作品や口絵に情緒豊かにあらわしています。そして、展覧会で話題となった作品は、押絵師により意匠化され、押絵羽子板になることもありました。本展覧会では、清方が描いた新春の情景とともに、名押絵師・永井周山によって意匠化された羽子板《明治風俗十二ヶ月》を紹介いたします。
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100909

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

1月19日(木)〜2月19日(日)  美術・展示  企画展「物語の中の女性たち −清方の芝居絵を中心に−」
近世に出雲阿国からはじまったと伝えられる歌舞伎は、庶民の一大娯楽となり、江戸市中に流行しました。明治の頃、東京随一の劇場と呼ばれた新富座が開場した1878年に、鏑木清方は生まれました。少年の頃の清方は、歌舞伎の情報誌『歌舞伎新報』を愛読したほか、俳優の子である友人たちと芝居ごっこなどをして遊ぶ日々を送りました。芝居への愛好は、画家となったその後の生活の中で、終生変わることはありませんでした。清方は、世話物や時代物などの範囲を問わず、広く取材しましたが、中でも娘の恋慕が主題となった舞踏、「娘道成寺」を好んで制作しています。また、「新版歌祭文」(しんぱんうたざいもん)のお染、「本朝廿四孝」(ほんちょうにじゅうしこう)の濡衣など、夫や恋人に一途な貞女を情緒豊かに描きました。このような劇中人物だけでなく、清方は、劇場内の風景や観劇に訪れた見物客の様子も描き、こうした作品は、今は無き往年の劇場の雰囲気を伝える貴重な資料としても知られています。本展覧会では、清方の描いた芝居絵と共に、文学にも取材した名品をご紹介いたします。

【開館時間】午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日
【観 覧 料】一般200円(140円)小・中学生100円(70円)
      ※( )内は20名以上の団体料金
      鎌倉市内にご在住の65歳以上の方は無料
【展示解説】1月28日、2月11日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100913

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

1月28日(土)  演劇・踊り  能を知る会鎌倉公演−能の定番曲「羽衣と高砂」
※新春の「能を知る会鎌倉公演」は、午前の部は、上演度数No.1と言われる「羽衣」を、午後の部は結婚式などで謡われる人気曲「高砂」を上演します。最初の解説ではその一節を練習していただき「皆様もご一緒に謡ってみましょう」というコーナーも予定しています!曲の詳しい解説や終演後の質問コーナー、面白い狂言もあり、初めて古典芸能に挑戦する人にもお楽しみ頂ける公演です。新春の鎌倉へ、ぜひお越し下さいませ!

◆日時 2017年1月28日(土)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
午前の部:
・解説「能の定番曲−羽衣と高砂−」皆様もご一緒に謡ってみましょう! 中森 貫太
・狂言「昆布売(こぶうり)」山本 則重 他
・能 「羽衣(はごろも)和合之舞」中森 貫太 他 
・質疑応答 中森 貫太
午後の部: 
・解説「能の定番曲−羽衣と高砂−」皆様もご一緒に謡ってみましょう! 中森 貫太
・狂言「二千石(じせんせき)」山本泰太郎 他
・能 「高砂(たかさご)」中森健之介 他 
・質疑応答 中森 貫太

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス(午前の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206144P0030001
午後の部 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002206145P0030001
【投稿者:鎌倉能舞台】 管理No.100905

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

▲鎌倉を楽しむトップへ



PAGE TOP