トップ鎌倉を楽しむ サキドリカレンダー 



情報を投稿する    ▲鎌倉を楽しむトップへ



【寺社行事】のデータのみ表示しています
前の月
次の月
新規投稿

           
先勝


花祭り法要
友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

           

前の月
新規投稿
次の月

■ ジャンルで表示するデータを絞り込むことができます ■

全てを表示
音楽
美術
演劇・踊り
工芸
教育
写真
映像
展示
講座・セミナー
教室
イベント・行事・祭
寺社行事
複合イベント
体験
フリーマーケット
TV
雑誌
お知らせ
その他


2月24日(金)〜4月16日(日)  美術・展示  企画展「つつましく そして艶やかに −清方ゑがく女性−」
鏑木清方は明治の末から大展覧会へ出品を重ね、やがて美人画家として日本画壇における地歩を固めました。画題は演劇や文学に取材したもののほか、市井の人々の生活など多岐にわたり、日々の暮らしの中で美しいと感じた女性の仕草や佇まいが流麗な筆遣いで描かれました。鋭い観察眼と入念な取材によって生み出された作品は、今日に至るまで多くの人々を魅了しています。本企画展では、自然のなかの女性美を描いた作品のほか、女性の装いを細やかに描いた口絵を紹介いたします。

【開館時間】午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日(3月20日(月・祝))、3月21日(火)
【観 覧 料】一般200円(140円)小・中学生100円(70円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
鎌倉市内にご在住の65歳以上の方は無料
3月25日(土)〜4月4日(火)の期間中、小中学生及び同伴者は無料
【展示解説】2月25日、3月11日・25日、4月8日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100915

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

4月1日(土)  イベント・行事・祭・寺社行事  花祭り法要
鎌倉 明月院にて、花祭り法要が行われます。 ■日時 4月1日(土) 午後2時から ■場所 明月院  …続き(詳細)を読む
【投稿者:鎌倉Today編集部】 管理No.100917

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

4月9日(日)  演劇・踊り・体験  華麗な手品〜あなたもマジシャンになろう〜
「和妻(わづま)」と言うのは日本に江戸時代から伝わる古典的なマジックのことです。今では見る機会がめっきり少なくなってしまいましたが、その不思議さは現代においても通用します。そんな伝説のマジックを観て、そして覚えることのできるワークショップが開催されます。秘伝の手品を覚えれば日本のみならず、海外でも人気者になれるかも!?手品は言葉のいらないコミュニケーション。手品を披露すれば話のきっかけをつかんだり、みんなを笑顔にすることができるのです!

☆こんな方にオススメ☆
・マジック・手品・和妻に興味のある方
・歴史や伝統芸能が好きな方
・人を楽しませるのが好きな方

【開催日】 4月9日(日) / 5月7日(日) / 6月3日(土)
【時間】 13:00〜15:00
【場所】 古民家「くるくる」鎌倉市由比ガ浜2−7−12
     JR鎌倉駅より徒歩約10分 江ノ電和田塚駅より徒歩約1分
【参加費】大人 4,000円 中高校生 3,000円 小学生(高学年以上) 2,500円
【定員】 20名
【マジシャン】 有栖川 萌
【問合先】 TABICA 03-6869-0775
【申込】 https://tabica.jp/travel/1434
【投稿者:トライアンフ・プロジェクト】 管理No.100920

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

4月20日(木)〜5月24日(水)  美術・展示  特別展 鏑木清方没後45年 女性美と自然美 ―神奈川とのゆかり―
大正初め、30代半ばの鏑木清方は、日本画壇から美人画の名手として注目されていましたが、大正4年から美人画を主軸としつつ、新たな表現を求め自然の風景に重きを置いた作品を描くようになりました。風景画を手がけていく中、清方は次第に神奈川の景色に心惹かれていきます。「金沢八景」として名高い横浜・金沢への旅行をきっかけに、その地に別荘を持ち、金沢の風景に度々取材しました。そして、戦後には風光明媚な鎌倉を終の棲家の場に選び、豊かな自然に囲まれつつ創作活動を行いました。本特別展では、明治から昭和に描かれた自然の風情豊かな美人画作品を、清方の代表的な美人画作品《朝涼》や、戦後初公開作品とともに紹介します。

【開館時間】 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日(5月1日(月)は開館)
【観 覧 料】一般300円(210円)、小・中学生150円(100円)
※( )内は20名以上の団体 料金。
【展示解説】4月22日、5月13日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
   展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.100925

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

▲鎌倉を楽しむトップへ



PAGE TOP