トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2008年2月8日
2008年2月14日



由比ガ浜大通りから光則寺へ  (2008年2月13日)



六地蔵


由比ガ浜大通り




由比ガ浜大通り


朝の光則寺




梅がちらほら


日向はだいぶ咲いています




幹に苔がついた立派な梅の木


境内にはミツマタのつぼみがたくさん




一部もう開いています


だんだん境内にも日が射しこんできました




今朝は風が強く、本堂後ろでは竹がゆれています


ツバキ




お寺を出たところには・・・


光いっぱいのロウバイがいい香り

今朝の鎌倉は冷たい北風が吹いていますがすっきりした青空。

若宮大路から長谷方面へ続く由比ガ浜大通りを通って光則寺へ。

気になる梅の花、お寺の前の老木はまだ開花していませんでしたが、
境内の日の当たる場所では徐々に咲いてきている印象でした。

光則寺の梅は幹に苔の付いた老木が多く、独特の雰囲気です。

また、ミツマタがつぼみをいっぱい付けており、こちらも開花が楽しみですね。
お寺の門すぐ近くにあるロウバイは満開で、清らかな甘い香りに包まれていました。





2008年2月8日
2008年2月14日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ