トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2008年5月16日
2008年5月29日



西へ東へ鎌倉駅  (2008年5月22日)

鎌倉駅東口


東口から若宮大路へ出る道沿いに並ぶイチョウ。
元気よく葉が茂っています。

今日は初夏を思わせるお天気です。

西口にはクスノキ




もうすぐお昼、真上から陽の光がこぼれてきます





大きな木に小さな実が(^^)

西口から鎌倉市役所方面へと向かう最初の交差点、
その交差点に面した交番のすぐ脇からクスノキが並んでいます。

近づいてよく見ると実がなっています。

御成小学校が見えてきました




小学校の正門である御成門は、もともと御用邸の正門

クスノキに沿って歩いていくと、ほどなく御成小学校が見えてきます。

門札は、高浜虚子の書をもとに彫られたもの。
御成小学校は鎌倉御用邸跡に建てられ、数々の遺跡も発掘されています。



こちらが通用口となっています


違う角度から見ると・・・見事な松の幹が




見上げるとこんなに立派な松でした!


歴史を感じる木造校舎



正門を過ぎると重厚な木造校舎が


歴史を感じます




細部に注目するとお寺のようなところもあります






立派な木々に囲まれた、美しい学校です

鎌倉散歩、駅周辺にも素敵な発見があります。





2008年5月16日
2008年5月29日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ