トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2009年6月10日
2009年6月15日



紫陽花だより〜長谷エリア  (2009年6月12日)

光則寺



梅の美しい葉が広がる門前





光則寺では山紫陽花の鉢植えが境内を彩ります


少し変わった紫陽花も




紫陽花の他にも初夏を感じる花々が咲いています





フジの実


ほんのり色づいて




八重のホタルブクロ・めずらしいですね


ギボウシの一種 ぽってりとしたハート型の葉が印象的です




よ〜く見るとカメが休憩中


池のほとりにも紫陽花がちらほらと




本堂


本堂前にて 蓮の葉をバックに




苔むした石の上にも花が


苔がしっとり、ふわふわです




ガクアジサイ


こちらはその名も可憐な“乙女の舞”




テッポウユリ・光を浴びて透き通るような白さです


ハスにもうつぼみが

こぢんまりとした境内に、楚々とした雰囲気漂う山紫陽花の鉢植えが並ぶ光則寺。
それぞれの鉢に花の名札がつけてあるので、名前と花の雰囲気を比較しながら鑑賞するのも楽しいですね。
紫陽花のほか、初夏を思わせる花々もたくさん咲いていました。

長谷寺



立派な木の根元





本堂を出ると遠く由比ガ浜が広がります


経蔵





この経蔵の裏手が眺望散策路になっています






眺望紫陽花散策路



色とりどりの紫陽花が、咲きそろっています







先ほどの経蔵の屋根が目線と同じくらいの高さに


眺めもバツグン!






長谷寺では眺望散策路の紫陽花が見頃を迎えています。
由比ガ浜を臨む絶景はもちろん、経蔵と紫陽花の競演も見ごたえたっぷりです。







2009年6月10日
2009年6月15日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ