トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2009年6月16日
2009年6月19日



しっとり佇む、朝の寿福寺  (2009年6月17日)



総門の前にも木々が茂る寿福寺






鮮やかな緑





まっすぐと続く参道は奥へ行くほど細くなり、仏殿がより遠くに感じられます




仏殿




仏殿前には紫陽花が


昨日の雨が葉の上に残っていました




苔も雨を含んで、よりしっとりとした趣に






空気が雨に洗われて、木々の香りが一層強く感じられます



鎌倉駅西口から徒歩10分ほどのところに佇む寿福寺
昨日の雨を含んで一層しっとりとした苔や、石畳に沿って並んだ木々が幽玄な雰囲気を醸し出しています。

参道は仏殿に近づくにつれやや幅が狭くなっていくため、仏殿がより遠くに感じられます。

仏殿の手前には紫陽花が一株、品よく咲いていました。





2009年6月16日
2009年6月19日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ