トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2009年7月9日
2009年7月23日



鎌倉最古の寺・杉本寺  (2009年7月14日)



鎌倉幕府が開かれる500年近くも前に建立されました


お天気に恵まれて、朝日が差し込みます




仁王さま












花がそっと供えてあります





本堂へ


青々とした木々に囲まれています




朝日をいっぱいに浴びて


白旗が時折吹くそよ風にたなびきます




空高く、雲もなびいています





ムクゲ





石灯籠も情緒たっぷり





ふと足元を見るとツユクサが一輪咲いていました
坂東三十三所観音霊場の第一番札所でもある杉本寺。

苔むした階段、はためく白旗、茅葺きの本堂…そしてそれを囲む木々の緑。
古からのものだけでなく、この寺を形作る新旧のものそれぞれが、境内により深みを与えているように感じられます。


8月10日の観音様の縁日は、「四万六千日お参りしたのと同じ御利益がある」と言われ、多くの参拝客が訪れます。





2009年7月9日
2009年7月23日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ