トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2009年7月14日
2009年7月29日



宝戒寺  (2009年7月23日)



宝戒寺に着くと雲の合間からちょうど晴れ間が


境内にはたくさんのハギ




早春に清らかな香りを放っていたシダレウメは青々としています





日差しが強くなってきました


ちょこんとザクロの実が




本堂前にはスイレン






白菊に光が集まって




木陰に入るとほっとします


木の肌越しに境内を眺めれば少し違った趣に





この木には小さな実がたくさん




足元を見ると小さな実にスポットライトが


たくさんの絵馬が柔らかく揺れるハギの芽に囲まれています




お地蔵さまも(^^)


宝戒寺入り口

萩の寺として知られる宝戒寺。
風に柔らかく揺れるハギの葉が境内を覆っていました。

早春に馥郁とした香りを放っていたシダレウメは、今は青々としてすっかり夏の装いです。
(今年の早春の様子はこちら





2009年7月14日
2009年7月29日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ