トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2009年9月11日
2009年9月16日



鶴岡八幡宮・例大祭〜神幸祭  (2009年9月15日)

「例大祭」は800年の歴史と伝統を持つ、鶴岡八幡宮で最も重きをおかれる祭事。
14日〜16日まで3日間に渡って執り行われます。

2日目の今日は13時より神幸祭(しんこうさい)が執り行われました。




神輿3基が御本殿から担ぎ下ろされます







これより二の鳥居まで行列が練り歩きます


お囃子も雰囲気たっぷり


若宮大路を練り歩き、二の鳥居へ



二の鳥居にて


鳥居の下には御旅所(おたびしょ)が設けらています




行列は、再び御本殿へと戻ります






三の鳥居付近で








御本殿へと帰ってきました
神幸祭では氏子の若者たちが神輿3基を御本殿から担ぎ下ろし、宮司以下神職、錦旗、神馬、ちょうちん、太鼓、盾、弓矢などからなる数百メートルの行列が若宮大路を練り歩き、二の鳥居まで進みます。

二の鳥居の下には御旅所(おたびしょ)が設けらており、緑の千早、緋袴姿の八乙女舞が奏されました。

八幡さまの、小さな秋



神事の途中、ふと目を移すとイチョウがほんのり色づいていました


源平池でもちらほら紅葉が








齋館裏手の小径


ハギの枝に隠れてヒガンバナが咲いています







明日は流鏑馬神事が行われます。





2009年9月11日
2009年9月16日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ