鎌倉を知るトップへ








トップ鎌倉を知る鎌倉暦 鎌倉暦・卯月 


鎌倉ケーブルテレビ・チャンネルガイドにて連載!
ちょっと散歩がてら鎌倉のまちをぶらぶらしてみましょう!

▲鎌倉暦トップへ
卯月(4月)  皐月(5月)  水無月(6月)  文月(7月)  葉月(8月)  長月(9月)  神無月(10月)  霜月(11月)  師走(12月)
 睦月(1月)  如月(2月)  弥生(3月)



 日差しが暖かく和らぎ、海も一段と輝きを増す3月下旬〜4月の初め。この時期に欠かせないのが桜の花。この淡いさくら色の上質なフィルターを通して眺めると、見慣れたはずの鎌倉の街並みにも、いつもと違う新しい発見があるかもしれません。


段葛の桜(2006.3.31撮影)

 鎌倉の桜といえば、まず思い出すのが段葛です。鎌倉駅東口(通称・表駅)から若宮大路に出て左に進むとすぐに見えてくる二の鳥居。ここから鶴岡八幡宮付近まで続く段葛を覆いつくすのは、うららかな空に遠くひろがる桜のトンネル、そして、それを見上げる人・人・人!たまには観光客気分で桜のトンネルをそぞろ歩くも良し…?でもちょっと疲れてしまったら鎌倉警察署の横の道に入り、若宮大路と平行して走る小町大路に出てみましょう。


妙本寺・桜と海棠の競演(2005.4.7撮影)

 歩く人も減って随分歩きやすくなり、軽い足取りで次に向かうのは妙本寺、比企一族の霊を弔うために建てられた日蓮宗のお寺です。長い石段を登ってようやくたどり着く広い境内は、驚くほど静か。この季節はさすがに観光客の姿も多いですが、境内を包む静寂感がさほど損なわれないのは不思議です。この妙本寺、大きな桜の木ももちろん魅力的ですが、桜と入れ替わりで咲き始める海棠も有名です。タイミングが合えば、ダイナミックに桜吹雪が舞う中、海棠が華やかなピンクの花を開き始める贅沢な競演を目にすることができます。たまにひょっこりと顔を出してくれるお寺のアイドル?猫ちゃんと一緒に、春の恵みを充分に堪能して下さい。


本覚寺(2005.5.31撮影)

 妙本寺で静かな時間を過ごした後は、再び小町大路に出てすぐのところにある本覚寺へ。こちらも日蓮宗の寺院で、分骨堂には身延山から分骨した日蓮の遺骨も納められています。本堂の側には立派なしだれ桜があり、しだれ桜越しにみる本堂は、光の加減や見る角度によって少しずつ趣が異なり、見る人を飽きさせません。ソメイヨシノより少し早めに咲くのが特徴で、昨年(2006年)は3月25日前後には満開を迎えていました。さて、今年は…?

 桜の見どころをいくつかご紹介してきましたが、いずれも鎌倉駅からほど近い場所ばかりですので、気軽に出かけてみてはいかがですか?そうそう、お帰りには鎌倉市農協連即売所で、新鮮な鎌倉野菜を買って帰るのもいいでしょう。地元で採れた春の野菜で、食卓にも健康的な春の恵みを…!

〜鎌倉ケーブルテレビ・チャンネルガイド2007年4月号掲載〜



●お申込み・お問い合せは下記JCN鎌倉コールセンターまで。

JCN鎌倉コールセンター 0120-441-213(※携帯・PHSからは0467-44-2332)
受付時間 午前 9:00〜午後 8:00(※年末年始・GWは、午前10:00〜午後5:00)