鎌倉を知るトップへ








トップ鎌倉を知る鎌倉暦 鎌倉暦・師走 


鎌倉ケーブルテレビ・チャンネルガイドにて連載!
ちょっと散歩がてら鎌倉のまちをぶらぶらしてみましょう!

▲鎌倉暦トップへ
卯月(4月)  皐月(5月)  水無月(6月)  文月(7月)  葉月(8月)  長月(9月)  神無月(10月)  霜月(11月)  師走(12月)
 睦月(1月)  如月(2月)  弥生(3月)



 例年11月中旬から12月中旬にかけて見頃を迎える鎌倉の紅葉ですが、今年はやや遅いのではとちらほら。皆さんのお手元にこの鎌倉暦が届く頃がベストのタイミングであることを祈りつつ、鎌倉紅葉さんぽのスタートです。


獅子舞

 鎌倉宮でバスを降り、まずは獅子舞の谷へ。次第に険しくなる山道を登って辿り着くこの谷、足もとに目をやれば谷を黄色く覆うイチョウの絨毯。そしてぐるりと空を仰げば、陽に透けてキラリと光ってみせる紅葉が、「私」を中心に空をまぁるく囲む…。運良く見頃に訪れることが出来れば、足の先から頭のてっぺんまで、まるで体全体を秋に抱かれるかのような一体感が味わえるかも。ここ数年ですっかり人気の紅葉スポットになったこの谷には多くの人が訪れるので、早い時間帯がおすすめ。足場が悪く、特に雨上がりは滑りやすいので要注意。。


瑞泉寺

 谷を降り、少し戻って途中の分岐を左に折れ、瑞泉寺に到着。紅葉ヶ谷とも呼ばれる深い谷戸の奥に佇む静かなお寺です。裏山や境内のあちらこちらを彩る紅葉。紅色、薄紅色、黄色、山吹色…光と重なりで微妙に濃淡を変えながら、見る人にしみじみと穏やかな感動を与えてくれます。瑞泉寺の紅葉は例年見頃を迎えるのがかなり遅いのが特徴ですので、他のお寺で見頃が終わった晩秋でも楽しめる可能性大です。


鎌倉宮

 次は鎌倉宮に戻ります。本数こそ多くありませんが、社務所の前が実に見事。しなやかに四方へと長く伸びる枝々、それを余すところなく埋めるかのような紅葉、空を遮るその姿はさながら深紅の天井のよう。時折、不思議そうに顔をのぞかせるリスを目で追いつつ、しばし紅葉に身をゆだねてみましょう。ホッと心が緩むような安心感と、不思議な力強さをもらえるような気がします。


覚園寺

 最後は、覚園寺へ。自由拝観ではなく、毎日数回お坊さんが境内を案内してくれますので、予め時間の確認をしてから出掛けた方が良いでしょう。広く静かな境内には樹木が深く茂り,歴史を感じさせるお堂や建物が当たり前のようにそこに佇む…かつての鎌倉はこんな風だったのかしらと、自分の知らない遠い昔に思いを馳せてみたり。境内を染める紅葉の間からは光が差し込み、イチョウの絨毯の上に落ちたゆらりと揺れる影に思わず目を奪われる至福の時間。立ち去りがたいような気持ちに駆られますが、そろそろ時間です。覚園寺の境内奥は写真撮影禁止なので、この光景を心にしっかりと刻みつつ、「来年も来ようかな」と、独り言…。

〜鎌倉ケーブルテレビ・チャンネルガイド2007年12月号掲載〜



●お申込み・お問い合せは下記JCN鎌倉コールセンターまで。

JCN鎌倉コールセンター 0120-441-213(※携帯・PHSからは0467-44-2332)
受付時間 午前 9:00〜午後 8:00(※年末年始・GWは、午前10:00〜午後5:00)