鎌倉名店街トップに戻る

トップ鎌倉名店街 石窯ガーデンテラス 



◆石窯ガーデンテラス・トップ ◆石窯ガーデンテラスについて ◆メニュー ◆浄妙寺について




ガーデンテラスの石窯パンは「焼きたてパンを、地の素材を用いた料理と一緒に召し上がっていただきたい」という思いから作り始めたのですが、「お土産で持ち帰りたい」という嬉しいご要望を多数いただくようになり、テイクアウト用として販売するようになりました。

薪を燃料として使用するフランス式の石窯は、客席からも見えるガラス張りのパン工房にあります。製パンのスタッフが毎朝6時には工房に入り、この石窯に火を入れます。
焼き上げられたパンは、外側の皮はパリパリッとして薄く香ばしく、内側はふんわりもっちり、やわらかいのが特徴です。これは、石窯の遠赤外線効果によって外からも中からも火が通るため、水分や素材の旨味を中に閉じ込めて焼き上がるからです。






日本の庭は一定の方向から眺める造りのものが多いですが、イングリッシュガーデンは歩いみてその良さが分かります。足もとに咲く小さな草花も、このガーデンの大切な一員です。
庭の一角にはローズガーデンやお料理に使うハーブを育てるためのハーブガーデンもあり、四季を通じて楽しんでいただけるように、数多くの種類の草花を育てています。お客様にいつも美しい草花が見ていただけるように、日常の手入れはスタッフ全員が交替で行っています。

◆「ガーデンテラスの庭」最近の様子 (その他の写真は公式ホームページをご覧下さい。)









(2004年5月27日撮影)