鎌倉名店街トップに戻る

トップ鎌倉名店街 陽堂 



◆陽堂・トップ ◆陽堂について ◆鎌倉彫とは ◆商品一覧

鎌倉彫の起源

 鎌倉の地が急速に発展するのは治承4年(1180年)10月、源頼朝公がここを全国制覇の拠点に定めてからのことです。それまでにも神社や寺院はありましたが、鎌倉は相模国内の小さな漁村に過ぎませんでした。当然伝統的文化に貧しく、造仏にしても専ら奈良・京都の仏師に頼らねばなりませんでした。

 最初に仏師として奈良より招かれたのが成朝(せいちょう)で、1185年のことです。以後12世紀から13世紀半ばにかけて鎌倉幕府のために造仏をおこなった中央仏師は6人以上に及び、この中でもっとも数多く造仏したのが東大寺などの造仏で有名な運慶です。奈良仏師の運慶が鎌倉とその周辺地域に与えた影響はきわめて強いものでした。鎌倉幕府が登用した仏師は、ほとんどみな運慶の一派である慶派仏師と言われる人たちです。

 鎌倉仏師とはっきり呼べる存在がいつ誕生したのか、まだ定説はありませんが、おそらく13世紀半ば頃だと考えられています。当然、彼らが学んだのは運慶をはじめとする慶派仏師の作品でした。このことは、仏師の一派として台頭してきた三橋家と後藤家が、後生になって「運慶末流」を自称しだすことからもわかります。

 鎌倉時代は、禅宗をはじめとする中国の宗教、思想、文物が多量に入ってきた時代でもあります。漆器では堆朱(ついしゅ)や堆黒(ついこく)、紅花緑葉(こうかりょくよう)の器物が輸入されました。このような時代に、良質な木材を多量に産する日本の風土が木彫漆器を生み出すことは自然のなりゆきでした。このようにして、鎌倉彫は鎌倉の仏師たちが、その技を使って禅宗寺院の仏具や調度品を作ることから始まったのです。