トップ鎌倉を楽しむ 鎌倉の歩き方 



お寺巡りなど鎌倉を散策するためのモデルプランをご紹介します。 ▲コース一覧へ




 定番 
 約3〜4時間 
鎌倉散策の定番(3)
ちょっと余裕があり歩きたい方に〜銭洗弁天から大仏・長谷方面へ




コース内容



鎌倉駅から銭洗弁天に行き、裏道を使って大仏、近くの長谷寺をめぐり、江ノ電を使って鎌倉駅まで戻るコースです。結構歩くので、時間に余裕がある人向けです。

鎌倉駅(西口)→徒歩20分→銭洗弁天→徒歩25〜30分→鎌倉大仏→徒歩5分→長谷寺→徒歩5分→江ノ電長谷駅→江ノ電で5分→鎌倉駅


銭洗弁財天



「洗ったお金が倍になる」という人気のスポット、銭洗弁天(宇賀福神社)は鎌倉駅西口から歩いて20分ほどの所にあります。
ちなみに、洗ったお金はその日のうちに使ってしまうのが本来だそうです。


鎌倉の大仏〜大仏殿高徳院



言わずと知れた鎌倉の“顔”。
大仏殿は1495年の津波で流されてしまい、現在のような露座の大仏となりました。高さ12.38m、体重120t。昔は金箔で覆われていたそうです。今でも右耳の下あたりにその名残を見ることができます。頭のつぶつぶは「螺髪(らほつ)」といい、656個あります。
胎内にも入れます(20円)。


長谷寺



「長谷観音」という名前で親しまれている長谷寺。本尊の十一面観世音菩薩像がそう呼ばれています。境内には、洞窟あり、展望台(由比ガ浜海岸が一望できます)ありと、見どころが盛り沢山のお寺です。6月の時期には裏山が一般に公開され、見事な紫陽花を楽しむことができます。




▲コース一覧へ