トップ鎌倉を楽しむ 鎌倉の歩き方 



お寺巡りなど鎌倉を散策するためのモデルプランをご紹介します。 ▲コース一覧へ




 5月頃 
 おすすめスポット 
新緑の鎌倉
薬師如来像と出会えるお寺と花の寺




薬師如来像と出会える覚園寺


鎌倉駅から鎌倉宮行きのバスに乗り、終点で降りて左奥の道を5,6分歩くと、覚園寺があります。
このお寺は真言宗で、足利尊氏が創建したといわれている薬師堂があり、その中に薬師如来像と日光・月光菩薩像と十二神将像が安置されています。実際に間近でそれらの像はみることが出来ます。お顔を観ていると、心が洗われる思いです。是非一度はご覧になりにいらして下さい。
今は、寺内は新緑でいっぱいです。(境内は撮影禁止)
ただ、単独では入山出来ませんのでご注意下さい。
下記の時間に、お寺の方がご案内してくれます(45分くらい)。
平日10時、11時、1時、2時、3時(日曜日12時も可)。
入山料300円


覚園寺(2007/4/20撮影)


花の寺といわれている扇ガ谷の海蔵寺


鎌倉駅を江ノ電側に降りて、紀ノ国屋の前の信号を右折して道なりに寿福寺、英勝寺を経て約20分歩くと花の寺と言われている臨済宗建長寺派の海蔵寺にでます。
四季折々いろいろな花が咲きますが、今はつつじ、山ぶきが咲いています。平日に、本堂の前の長いすに腰掛けてぼっーと庭をみて時間を過ごすのは、最高ですよ。
大町の安養院のつつじや鶴岡八幡宮の源平池のフジは来週からだとと思います。段葛のつつじは、一部が満開になっています。



海蔵寺(2007/4/20撮影)


海蔵寺(2007/4/20撮影)




▲コース一覧へ