トップ鎌倉を楽しむ 鎌倉の歩き方 



お寺巡りなど鎌倉を散策するためのモデルプランをご紹介します。 ▲コース一覧へ




 オールシーズン 
 2日コース 
心とふれあう二日間
古都鎌倉・十三仏巡り  その一 




十三仏巡りとは 


十三仏の信仰は南北朝時代から始まったといわれています。人は死後、生前なした善悪の業を各忌日に王たちの前において、軽重が裁かれます。それを救うために家族・親類縁者による追善供養が行われています。亡者の生前われわれになした善行を報告し、亡者の死後受ける苦しみを少しでも軽くしてもらおうという思いから各忌日に法要を営み、また本地仏である各々の仏様を巡拝する十三仏参りが発展してきました。お寺参りがなによりの善業ということで、各お寺の十三仏の朱印を集め、その朱印帳を亡くなった方のお棺に入れたり、自分の死んだ時に自分のお棺に入れれば、極楽浄土に旅立つことが出来るといわれ、江戸時代には、多くの人が十三仏を参拝しました。
 鎌倉にも十三仏霊場がありますのでご案内致します。
「十三仏詣りは最高の先祖供養の御詣りです。十三仏の諸尊は、生まれ年(干支)夫々の本尊として、私たちの一生を守り、冥界への旅立ちには中陰から年忌のご本尊さまとして、現世から未来永劫にいたるまで、私たちをお導きくださいます。報恩謝徳、諸願成就のため年一回は、鎌倉十三仏詣りをすることをおすすめします。」(鎌倉十三仏霊場 巡拝の案内より)
<コース内容>
鎌倉駅→バス15分→泉水端下車・徒歩3分→明王院(一番札所)→徒歩15分→報国寺(八番札所)→徒歩5分→浄妙寺(二番札所)→徒歩2分→覚園寺(十一番札所)→徒歩20分→来迎寺(十番札所)→徒歩25分→本覚寺(三番札所)→鎌倉駅東口徒歩5分
*歩き方でお参りするお寺は、札所の番号順に巡拝しておりませんのでご注意ください。


【一番札所】明王院 不動明王(秦広王、初七日)





きょうは、十三仏詣りの一番札所、金沢街道の明王院からです。本尊不動明王は秦広王の本地仏です。秦広王は、殺生の類を詰問し、この審判で行き先が決まらない亡者は三途の川を渡ります。


【二番札所】浄妙寺 釈迦如来(初江王、二・七日忌)


次は、バス通り沿いを鎌倉に向かって戻ると15分ぐらいで鎌倉五山第五位の浄妙寺に着きます。仏様は、釈迦如来で初江王の本地仏です。初江王は、三途の川を渡ってきた亡者の衣服を奪衣婆で衣服を脱がせ、木の枝にかけて罪の軽重を測ります。また婆鬼が盗業をいましめます。





【八番札所】報国寺 観世音菩薩(平等王、百ヵ日忌)


浄妙寺のバス通りを挟んで反対側に、竹寺で有名な報国寺があります。このお寺には、平等王の本地仏である観世音菩薩がおられます。平等王は内に慈悲を含み、外見は恐ろしい姿をしている。亡者は全身を枷で結束され、鞭で打たれ傷だらけになる。努力して功徳を積めば、その善業によって天堂を見るという。





【十一番札所】覚園寺 阿閃如来如来(蓮上王、七回忌)





バス通りに出て、杉本寺の前を通り別れ道から鎌倉宮に向かい、鎌倉宮を左に折れて、奥に10分くらい歩くと十一番札所である覚園寺があります。このお寺の仏様は、阿閃如来で蓮上王の本地仏です。阿閃如来は、光明を放って、亡者を安穏ならしめるという。


【十番札所】来迎寺 阿弥陀如来(五道転輪王、三回忌)


次の十番札所来迎寺(西御門)は、鎌倉宮の参道まで戻り、一つ目の角を荏柄天神の方に右に折れてその小道を10分ぐらい歩いて横浜国大付属の校庭にぶつかったら、そこを右に折れて5分ぐらい歩くと右手に見えてくる。ここの仏様は、阿弥陀如来で五道転輪王の本地仏です。五道転輪王は二人の冥官をしたがえて、亡者の煩悩をこらしめて、前非を改めさせて善に導く。





【三番札所】本覚寺 文殊菩薩(宋帝王、三・七日忌)





次は、先ほどの横浜国大付属の校庭の脇を歩いてバス通りまで歩いて、そこを右折して道なりに鶴岡八幡宮、段葛をへて鎌倉駅前をすぎ、鎌倉郵便局を左折したところにある本覚寺です。こちらの仏様は、文殊菩薩で宋帝王の本地仏である。宋帝王は亡者の邪淫の罪について審判する王であります。




▲コース一覧へ