トップ鎌倉を楽しむ 鎌倉の歩き方 



お寺巡りなど鎌倉を散策するためのモデルプランをご紹介します。 ▲コース一覧へ




 オールシーズン 
 2日コース  
仏とふれあう二日間
古都鎌倉・十三仏巡り  その二




十三仏巡りとは 


十三仏の信仰は南北朝時代から始まったといわれています。人は死後、生前なした善悪の業を各忌日に王たちの前において、軽重が裁かれます。それを救うために家族・親類縁者による追善供養が行われています。亡者の生前われわれになした善行を報告し、亡者の死後受ける苦しみを少しでも軽くしてもらおうという思いから各忌日に法要を営み、また本地仏である各々の仏様を巡拝する十三仏参りが発展してきました。お寺参りがなによりの善業ということで、各お寺の十三仏の朱印を集め、その朱印帳を亡くなった方のお棺に入れたり、自分の死んだ時に自分のお棺に入れれば、極楽浄土に旅立つことが出来るといわれ、江戸時代には、多くの人が十三仏を参拝しました。
 鎌倉にも十三仏霊場がありますのでご案内致します。
「十三仏詣りは最高の先祖供養の御詣りです。十三仏の諸尊は、生まれ年(干支)夫々の本尊として、私たちの一生を守り、冥界への旅立ちには中陰から年忌のご本尊さまとして、現世から未来永劫にいたるまで、私たちをお導きくださいます。報恩謝徳、諸願成就のため年一回は、鎌倉十三仏詣りをすることをおすすめします。」(鎌倉十三仏霊場 巡拝の案内より)

<コース内容>
北鎌倉駅→徒歩7分→浄智寺(六番札所)→徒歩10分→円応寺(五番札所)→徒歩20分→淨光明寺(九番札所)→徒歩10分→海蔵寺(七番札所)→徒歩15分→寿福寺(四番札所)→徒歩10分→江ノ電鎌倉駅→江ノ電12分・極楽寺下車3分→極楽寺(十二番札所)→徒歩5分→成就院(十三番札所)→徒歩10分→長谷駅
*歩き方でお参りするお寺は、札所の番号順に巡拝しておりませんのでご注意ください。


【六番札所】浄智寺 弥勒菩薩(変成王、六・七日忌)





今回は、北鎌倉駅を出発して、最初に十三仏の【六番札所】である浄智寺 に向かいます。紅葉には、まだ先ですがムラサキシキブの花が咲き、ススキの穂も揺れて秋真っ盛りです。本堂の弥勒菩薩にお参りしましょう。弥勒菩薩は変成王の本地仏です。変成王は、先の五官王の秤と閻魔王の鏡を用いて再びつぶさに善悪を裁定する。


【五番札所】円応寺 地蔵菩薩(閻魔王、五・七日忌)


次に、建長寺の向かいの円応寺 です。ここには、閻魔王の本地仏の地蔵菩薩がいます。人には生まれて以後、生涯その人の善悪をこまかく記録するぐしょう神がいて、王の前に大きな鏡があって生前の善悪が全て写し出される。うそ、いつわり、言い訳は通じない。そこから、嘘をつくと閻魔様に舌をぬかれるといわれている。 






【九番札所】 浄光明寺 勢至菩薩(一周忌、都市王)





次は、扇ヶ谷にある十三仏の最初は、浄光明寺 です。ここは、1年目に亡者が裁かれる都市王の本地仏である勢至菩薩がいるお寺です。亡者に「法華経」と阿弥陀仏を造立すれば苦を除くことを説く王です。


【七番札所】海蔵寺 薬師如来(太山王、七・七日忌)





海蔵寺には太山王の本地仏である薬師如来がいます。ここで、亡者は地獄・餓鬼・畜生・修羅・人界・天上の六つの世界への行き先が決定されます。行き先の決まらない亡者は次の王へ送られます。


【四番札所】寿福寺 普賢菩薩(五官王、四・七日忌)


次の寿福寺は、五官王の本地仏である普賢菩薩がいらっしゃるところで、五官王は、秤にて身・口七罪の軽重を計り、帳に記して閻魔王に秦上する役目をされているといわれている。





【十二番札所】極楽寺 大日如来(拔苦王、十三回忌)


次は、鎌倉駅西口まで歩いて江ノ電に乗り、極楽寺駅まで行きます。極楽寺は、拔苦王の本地仏である大日如来がいらっしゃるお寺です。亡者は、善をなす功徳を積み、最上の仏果を成すべきと説きます。





【十三番札所】成就院 虚空蔵菩薩(慈恩王、三十三回忌)





次に、紫陽花で有名な成就院を訪ねます。慈恩王の本地仏である虚空蔵菩薩は、極楽寺の切り通しの成就院の前の虚空蔵堂に安置されています。ここで、忌日が成満する日で、亡者は本有に帰るのでその冥福を祈ります。





▲コース一覧へ