トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第1077号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.1077(2013年1月2日)



No.1076
No.1078



◇ 冬の海 稲村ヶ崎 ・ 由比ヶ浜 



◇ 稲村ヶ崎から七里ヶ浜、江ノ島方面を望む

                
                   遅くなりましたが、前号からの続きです。
                   坂ノ下海岸で船おろしを見てから、江ノ電に乗り稲村ヶ崎に向いました。
                     ※ 以下の写真は1月2日撮影したものです。



◇ 極楽寺駅の崖崩れ現場


◇    〃

            
            極楽寺駅で途中下車し、元旦に崖崩れが起きた現場を見ました。 線路際の法面が崩れて
            いましたが、水道管の破裂が原因。 幸いにも電車は直前で非常停止したので、脱線事故
            にならずに済んだようです。



◇ 路地を抜けて稲村ヶ崎海岸へ

            
            稲村ヶ崎駅で下車し、 134 号線沿いに海浜公園に向いましたが、強風で浜から砂が巻き
            上げられてピシピシと顔に当ります。 富士山の姿は全く観られませんでした。
            



◇ 荒れる海を見下ろす徳田兄弟像

            
            海浜公園内の海を見下ろせる場所に 「ボート遭難の慰霊碑」 の像が在りますが、
            明治 43 年 1 月 2 3日七里ヶ浜沖で遭難し、逗子開成中学校ボート部の 12 名の
            命が失われ、抱き合ったまま発見された徳田兄弟の姿をモチーフにしたブロンズ像
            です。 今日の様に時化た海だったのでしょうか。 改めて合掌。
            



◇ 浪が砕け散る由比ヶ浜海岸




◇    〃

                    
                       あれくらし波間もみえぬ冬の日の
                               海のおもては行く舟もなし  (藤原家隆)



◇ 荒波に挑むウインドサーファー

            
            稲村ヶ崎から 134 号線を由比ヶ浜沿いに坂ノ下まで歩き、御霊神社に参拝後、長谷寺を
            覗いてみましたが、今は冬枯れの時期のため、花らしきものは蝋梅や万作、木瓜の莟位。
            上境内では寒空の下、十月桜が楚々と咲いていました。
                                                          おしまい


No.1076
No.1078