トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第1087号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.1087(2013年1月26日)



No.1086
No.1088



◇ ウインターチューリップ 江の島サムエル ・ コッキング苑



            
            湘南江の島のサムエル・コッキング苑で、冬に咲く2万本のチューリップが見頃との事で午後
            から出かけてみましたが、寒波襲来に加えて強風が吹き弁天橋の歩道も時折波飛沫が上が
            って来ます。 途中で引き返そうとも思ったのですが、意を決して島内へ。
            弁天橋を渡るだけで震え上がってしまいました。
             
            




           
          土産物店や飲食店が立ち並ぶ参道を抜け、朱塗りの鳥居を潜ると竜宮城の様な瑞心門が在ります。
          更に石段を上がって行くと江島神社が在ります。  中津宮・奥津宮・辺津宮を総称して江島神社と
          いいます。  1182年源頼朝が藤原氏を征伐する際に創祀されたといわれています。 
          辺津宮(へつのみや)の隣に八角の弁天堂 「奉安殿」 が在り、中には妙音弁財天俗に裸弁財天と
          源頼朝が寄贈したといわれる、八臂(はっぴ)弁財天が安置されています。
          拝観料¥150で中へ入りお参りして来ましたが撮影は禁止でした。 蛇の化石状の物もありました。




            
                 今日は、エスカーを使わず、徒歩でサムエル・コッキング苑に上がりました。
                 この寒さにも関わらず、結構若いカップルが大勢来ていましたね。



            
               苑内のウインターチューリップは、花期が長いのが特徴だそうです。
               夜には、ライトアップされたチューリップと会場を埋め尽くすイルミネーションの競演。
               1月末頃まで開催の予定だそうですが、お出かけなられる方はご確認ください。








            
            イルミネーションは17 : 00に点灯されますが、夕焼け富士と合わせて撮影の心算でしたが、
            あまりの寒さにあと1時間も持ちそうになく、残念ながら撤収と相成りました。
            こりゃ〜寒〜震える・コッキング苑だ〜なんてダジャレも出ませんでした。 ブルッ!
                                                        おしまい



◇ 陽光を受けて七色に輝くクリスタルビーズ



No.1086
No.1088