トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第111号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.111(2007年6月24日)



No.110
No.112



江ノ電と紫陽花と小さな旅(2)



     【星月夜の井】
    
    前号「成就院」からの続きです

    由比ガ浜を眺望できる紫陽花参道を下りると直ぐの
    所に「南無虚空蔵菩薩」と書かれた幟が立ち並ぶ
    「明鏡山圓満院星井寺」があります

    お堂への石段前には鎌倉十井の一つ「星月夜の井」
    がありますが昼でも井戸の中には星が映っていたそ
    うですが蓋がされていて覗けませんでした
    もっとも星月どころか雨天で太陽も出ていませんで
    したがね


        

  

  「虚空蔵菩薩」から極楽寺まで戻り赤い橋「桜橋」

  の上からトンネルを抜ける江ノ電を撮る

  江ノ電「藤沢駅」〜「鎌倉駅」間で唯一トンネルが

  ある場所です

     写真は 300形 305号車


     【極楽寺トンネル】



     【極楽寺駅にて】
    

   

    「極楽寺駅」へ戻った頃には雨も大分降り出して

    きたようです

    写真は江ノ電開通95周年記念「レトロ車両」10形

  
  
  線路脇の渦紫陽花と  500形 501号車

  平成18年登場の最新形車両で江ノ電初の「VVVF
  インバーター」を採用した省エネ車両

  *VVVFインバーターとは電車のモータを動かす電力
   を制御する装置で周波数、電圧を可変可能な交流
   電力へ変換する為の装置 


     【稲村ガ崎駅付近にて】



     【行合川鉄橋にて】
    
   


    「七里ガ浜駅」にて降車 雨も少し小降りになる

    駅の直ぐ脇を流れる行合川の鉄橋を渡る江ノ電 

       2000形  2編成車両

  
  久し振りに七里ガ浜の波打ち際を歩いて見ました

  冬の海のようにどんよりとした空 波が穏やかな

  ためかサーファーも数人ほどでした

  小雨の中親子連れらしき数組が波打ち際で戯れて

  いる静かな浜辺でした


     【七里ガ浜にて】



     【七里ガ浜にて】
    

    人はなぜ 

    ただひとりのひとを 愛するのだろうか

    ただひとりのひとが 忘れられないのだろうか

    昭和50年頃の青春TVドラマ 「俺たちの旅」
        エンディングの散文詩より

                  つづく


No.110
No.112