トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第1172号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.1172(2013年6月29日)



No.1171
No.1173



◇ 七夕飾り 鶴岡八幡宮 (つるがおかはちまんぐう)



             
              前号で紫陽花めぐりの後 「鶴岡八幡宮」 へ行ってみました。   境内は、7月7日に
              行われる 「七夕まつり」 の飾り物で賑やかな雰囲気でした。
               ※ 以下の写真は6月29日撮影したものです。











             
             7月7日、七夕の夜に一年に一度、天の川を渡り彦星と織姫が出会う逸話はあまりにも
             有名です。  古くは中国から伝えられたものといわれ、日本で行われている七夕行事は
             中国の 「乞巧奠」(きっこうてん) や星祭と、わが国固有の信仰とが習合して現在のよう
             な形になったといわれています。  (中略)
             




             
              それぞれの願い事を書いた、梶の葉模った色紙と、短冊型の絵馬が色鮮やかな五色
              紐に結ばれてご神前に奉納されます。  
              上宮の楼門内や舞殿の四方には、 彩り豊なくす玉と吹き流しなどの七夕飾りが笹竹
              に掲げられ境内は更に賑わいをみせます。 
               七夕祭でお供えする神饌には、ウリやナス、ササゲなど古式に則り、 季節の食材を
               用い、机上には琴や琵琶などの楽器を手向け、巫女による神楽も奉奏されます。   
                                             (鶴岡八幡宮祭りの意味より)







             
              一足早く七夕気分を味わって来ましたが、皆さんも星降る夕べに雅な音色が響く中、
              いにしえ人の心に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。
                                                        おしまい


No.1171
No.1173