トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第1189号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.1189(2013年8月7日)



No.1188
No.1190



◇ 夏の風物詩 ぼんぼり祭り 鶴岡八幡宮 A



             
                前号からの続きです。 巫女さん達の手により、ぼんぼりに明かりが灯されると
                境内は仄かなロウソクの明かりで幻想的な雰囲気になります。







             
               19:00からは舞殿に於いて、日本舞踊が奉納され、神域で育まれたという鈴虫が
               供えられていました。 この頃になると大勢の参拝者で境内は賑わっていました。




                      
                         秋来ぬと目にはさやかに見えねども
                              風の音にぞおどろかれぬる  (藤原敏行)




              
               「立秋」 とは=一年中で一番暑い頃のようです。 いや〜それにつけても、この茹だる
               ような暑さには参りましたねぇ。 帰路につく頃には全身汗塗れでした。

                          そよりともせいで秋たつ事かいの  ( 鬼 貫 )
                             言い得て妙ですねぇ。     おしまい



                        






No.1188
No.1190