トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第191号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.191(2007年12月16日)



No.190
No.192



二階堂界隈 「荏柄天神社」 ほか


   
   前号、鶴岡八幡宮から獅子舞へ向かう途中、二階堂界隈

   を散策してみました。

   東御門川付近の白い塀に浮釣木(別名・チロリアンランプ)

   が影を映して、まるで水墨画を見るような風景に出合い

   ました。

   ※ 以下の写真は12月16日撮影したものです。

   


  
  今の時季は、寺社ばかりではなく、鎌倉の町を散策し

  ていると、路沿いにも美しい紅葉、黄葉や椿、山茶花

  などの花々に出合えます。

  荏柄天神社付近にて、陽射しに映える見事な紅葉を見

  ることが出来ました。

  





   
   「荏柄天神社」 御神木の大銀杏。

   一段高い境内にあるので遠くからでも目立ちます。

   塀の屋根には散り積もった落葉が黄金色に輝いていま

   した。


     大銀杏黄葉に空の退ける   (原田一郎)


  
  
  境内は合格祈願の人々が訪れて、絵馬奉納やお守りを

  いただく姿も。

  本殿脇の 「三椏」 の蕾は大分膨らんできています。





   
   境内の筆塚前には 「山梔子(くちなし)」 が赤黄色

   の実を結んでいました。 ♪くちなしの〜白いはな〜

   くちなしといえば、つい口ずさんでしまいますね。

   お正月料理には欠かせない 「栗きんとん」 などにも

   着色料として使われていますよね。



  
  筆塚脇にて。


    美しく見ゆ距離雑木紅葉かな

                  (宮城きよなみ)





   
   二階堂付近にて。


      赤もまた 冷たき色よ 冬椿

                   (久屋三秋)


No.190
No.192