トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第204号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.204(2008年1月6日)



No.203
No.205



花の香りに誘われて(冬の花)東慶寺


   
   
   穏やかに晴れ渡った6日、八雲神社の 「湯花神楽」 が

   始まるまで大分時間もあったので、北鎌倉駅で下車し、

   「東慶寺」 を覗いてみました。

   開門したばかりで拝観者も少なく、境内は凛とした空気に

   包まれていました。

  
  

  朝の陽射しが当たり始めたばかりの境内は、一面露霜

  が降りていました。

  「万両」 の実にも霜が降りて一段と赤色が映えます。

    
    
  



   
   
   

   
   霜の降りた 「木瓜」 の花もまた風情がありますねぇ。

  
  
  
  
  「松岡宝蔵」 脇には満開の 「素心蝋梅 」が甘い香り

  を漂わせていました。



  
   
   
   
   「素芯蝋梅」 は花芯も同系色のものを言うようです。
   
   霜解けの雫が朝陽にキラリと輝いて綺麗でした。

   

  

  
  こちらは「和蝋梅」 別名「唐梅(からうめ)」

  花芯が紫褐色をしていますね。

  蝋梅には何種類かあるようですが、香りも微妙に異な

  るようです。

  



   
   
   青空をバックに「素芯蝋梅」

   透き通った蝋細工のような花ですね。


     蝋梅の 香りが身に添ひて 年守る

                     (一 鳴)


No.203
No.205