トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第223号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.223(2008年2月3日)



No.222
No.224



雪 見 「浄智寺」




   前号からの続きです。

   東慶寺から直ぐの 「浄智寺」 を訪ねました。

   「総門」 前の雪景色。

   ※ 以下の写真は2月3日撮影したものです。

   



  
  雪も小康状態になりました。

  二層の 「鐘楼門」 からは時折降り積もった雪が、

  滑り落ちてきます。





   
   書院への小さな門の庇からは、今にも滑り落ちそう

   に雪が張り出しています。



  雪から雨に変わり、境内は彼方此方に泥濘が出来て

  います。 靴の中へ冷い水が入りビショビショ状態。

    ぬかるみを よけてあるくや 紅椿

                   (久保田万太郎)




   庫裡裏にて。

   「八手」 の花も、シャーベット状態の雪の重みで、

   うな垂れています。

   ウコギ科  別名 天狗の葉団扇

   花 言 葉  「分別」




  

  一葉残した小枝に、雨からまた雪へと変わる…





   「おー!雪の中、よう来たのう。腹でも擦って元気を

   つけてくれー」と言って下さっているようでしたので、

   布袋尊の黒光りのするお腹を擦って、元気を頂き次へ

   と向かうおじさんではありました。

   


No.222
No.224