トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第227号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.227(2008年2月10日)



No.226
No.228



花の香に誘われて 「鎌倉宮(大塔宮)」




  

  前号からの続きです。

  瑞泉寺から15,6分ほど戻った「鎌倉宮」の河津桜と
  梅の咲き具合を確認するため寄って見ました。

  鳥居の左右に各一本づつ河津桜の若木があります。
  境内に向かって右側の桜はまだ三分咲き程度でした。
  写真は左側のものですが、八分咲き位でしょうか。

  



  
  
  「河津桜」はオオジマザクラとヒカンザクラとの自然
  交配種だそうですが、淡紅色の花がとても愛らしく、
  花期も染井吉野などに比べ一ヶ月程と長いようです。

  ※ 以下の写真は2月10日撮影したものです。
  

  

  





  
  
  境内では、野菜や果物など売る「朝市」と「骨董市」

  が行われていました。






  







  
  

  手水舎脇の「紅梅」は前回(1月20日?212号)

  訪れた時と差ほど変わらない感じでした。

  蕾は膨らみ始めてはいますが、開花までには

  もう暫くかかりそうでしたね。






  拝殿への石段脇の寒紅梅も同様に蕾の状態でした。

  「神苑」の河津桜は七分咲き程度でしょうか。

  




  社務所隣りの「太平殿」では、田中多賀子さんの

  個展が開催されていました。

  興味があったのでちょっと覗いてみました。

  即売もしていましたのでミニ掛け軸「元気が一番」

  を戴いてきました。

  ※ 2月12日までなのでアップされた時点では、
    終了されています。







  
      空

      縁があったから
      出逢った
      縁がなければ
      世の中の
      ことは一切が
      「空」




      自分が元気だと
      花も元気。
      きれいに咲いて
      私にたくさんの
      エネルギーを、
      送ってくれる
      うれしいことだ。

    ※ 撮影の許可を得ています。



 

  
    
  


No.226
No.228