トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第233号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.233(2008年2月17日)



No.232
No.234



北鎌倉/鎌倉古陶美術館 「おひなさま」

◆ 梅も満開



◆ 鎌倉古陶美術館



◆ 満開の白梅
  
  
  前後しましたが、前号?231号「志穂の里」で一休
  みした後、直ぐの同じく横須賀線線路沿いにある
  「鎌倉古陶美術館」に寄ってみました。
  
  福井の古民家三棟を移築組み合わせたという重厚
  な建物です。 

  ※ 以下の写真は2月17日撮影したものです。







  
  入口左手には満開の白梅が迎えてくれます。
  
  通常は鎌倉時代や中世の陶磁器などが展示されて
  います。
  

  


  

  館内の庭園は紅梅や白梅が満開です。
  紫陽花の時季には、100種以上の紫陽花が咲く
  「あじさいの小径」が特別公開されます。





  

  
  
  今回の「創作人形展」は 〜4月13日(日)まで

  開催されています。


◆ 庭園の白梅



◆ 館内展示室

◆ 創作人形展



◆ 創作人形



◆ 創作人形


  
  もうすぐ三月三日「桃の節句」ですね。
  女の子の節句で、五節句の一つ、古くは上巳の
  日(じょうみのひ)に行われたそうです。

  





  


  五節句とは、人日、上巳、端午、七夕、重陽の
  五つの節句をいう。

  


  
  「おひなさま」特別展は 〜3月2日(日)まで

  開催されています。


◆ 源義経と従者



◆ 吊るし雛

◆ おひなさま特別展



◆ 享保雛



◆ 享保雛
  
  
  享保雛 古今雛段飾り

  女の子が誕生して初めての節句を初雛というそう
  です。
  平安時代の貴族の子女の遊びごと「ひなあそび」が
  江戸時代の女の子の「人形遊び」と「節句の儀式」
  が結びついて「ひな祭り」として広まっていったよう
  です。
  




  享保雛 江戸時代のものだそうです。
  
  享保年間の頃には、武家の子女など身分の高い
  人たちの嫁入り道具の一つとして数えられるよう
  になり、段々と豪華なものになっていったようです。
  
  
    

  

  
  古今雛 江戸時代

  江戸中期辺りから現在のような雛壇、内裏雛、
  三人官女、五人囃子などが飾られるようになっ
  たようです。
  






  享保雛 江戸時代

  十二単の装束を着せた「元禄雛」や「享保雛」など
  の大型で豪勢なものが作られるようになった。
  
    冠の紐の細さよ京雛

              (田畑比古)


◆ 古今雛



◆ 享保雛



◆ 享保雛



◆ 紫宸殿飾り
  

  
  享保雛 江戸時代


    内裏雛だけで祝つてやるつもり

                  (高浜年尾)







  紫宸殿飾り 明治〜大正時代

  江戸末期から明治時代にかけては、更に二人の
  内裏人形にに加え従者人形、小道具類、御殿作
  りや壇飾りなどが増え、豪華になって行ったよう
  です。
                 
                  おわり


No.232
No.234