トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第245号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.245(2008年3月11日)



No.244
No.246



花の香りに誘われて 「浄妙寺」・「寶戒寺」

◆ 浄妙寺



◆ ソックス君のお出迎え



◆ 満開の山茱萸
  


  遅くなりましたが前号からの続きです。

  北鎌倉の東慶寺から足を延ばして、金沢街道浄明寺
  の「浄妙寺」を9日振りに訪ねてみました。
  久し振りに”ソックス”君が出迎えてくれました。

  ※ 以下の写真は3月11日撮影したものです。






   境内の梅は散ってしまったようです。
  「サンシュユ」の黄色の花が青空に輝いていました。

    さんしゅゆの花のこまかさ相ふれず

                   (長谷川素逝)
  

◆ 石窯ガーデンテラス

  


  
  茶席「喜泉庵」で抹茶と菓子を頂き、枯山水の庭を
  眺めながら水禽窟の音色に耳を傾ける。
  茶席は私たちだけでしたので、揺ったりとした時
  を過ごすことができました。






  

  「石窯ガーデンテラス」は先程まで満席でしたが
  ランチタイムも一段落ついたようなので、食事を
  頂くことにしました。
  暖かな陽気だったので、庭園を眺められるテラス
  席にしました。
  


◆ 石窯ガーデンテラス



◆ 館内



◆ 蛙の卵



◆ 紅花万作
  
  


  日当たりのいい庭園には、藪椿、アナベル、クロッカス
  などの花が咲いていて、目を楽しませてくれます。
  池から流れる水辺には「蛙の卵」が春を待ちわびてい
  るようでした。





  


  散策路展望台には、イチゲ草、福寿草、水仙、万作(紅)
  などの花々が咲いていました。
  桜の蕾も大分膨らみを増しているようです。
  

  

◆ 人力車に乗って

  

 
  何時も「鶴岡八幡宮」で花嫁、花婿さんを乗せて
  颯爽と鎌倉の街を駆け抜ける「有風亭」の人力車
  を見ては、ちょっと照れくさいが、一度は乗って見
  たいものだなぁと思っていました。
  どうせ乗るなら「有風亭」の青木さんにと思い、
  予約を取りました。
  
  浄妙寺から鶴岡八幡宮までの一時間コースでお願
  いしました。
  
  青木さんは今年で創業25周年を迎えられるとのこと。
  古都鎌倉に精通したプロ青木さんならではのきめ細
  かい案内に大満足でした。
  路地裏は結構歩いた積もりでいましたが、其のまた
  裏道を抜けてくださりとても勉強になりました。
  
  一段高いところから見る鎌倉の街並みは、何時もと
  はまた違った風景に見えました。
  
  


◆ 人力車に乗って



◆ 頼朝公の墓前にて

◆ 枝垂れ梅満開の寶戒寺



◆ 参道の梅



◆ 本堂と紅梅
  
  

  
  コースの最後に枝垂れ梅の名所「寶戒寺」に寄って
  もらいました。
  参道の梅も満開でした。







  

  
  境内の「思いのまま」や「枝垂れ梅」も満開でした。
  近くまで来ていながら、何度か見そびれていました
  が、何とか満開の梅を見ることが出来ました。

    
    
    梅の花今盛りなり

        百鳥の声の

            恋しき春きたるらし

                  (田氏肥人)





    
    

    花とをし にほひにかすむ 軒の梅

                  (心 敬)


◆ 枝垂れ梅



◆ 思いのまま



◆ 枝垂れ梅



◆ 路地裏を行く
  

  
  寶戒寺で満開の梅を堪能した後、暫く路地裏等を
  案内して頂き、鶴岡八幡宮前で降車しました。
  
  流石はベテラン、二人合わせて120?近い重さも
  物ともせず、緩い傾斜の路地裏も筋骨隆々、屈強
  な体躯で引いて下さいました。
  乗り心地も案内も大満足でした。
  
  今月末で「還暦」を迎えられるそうですが、まだ
  三十歳代のような若さの青木さんでした。
  ”おじさん”の方が少し上ですが、お恥ずかしい
  限りです。
  
  何時までもお元気でご活躍下さいます様お祈り
  いたします。
  また機会があったら乗せて下さい。
  「有難う御座いました!」

                     おわり

  


No.244
No.246