トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第276号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.276(2008年5月8日)



No.275
No.277



◆ 花の香りに誘われて 永福寺跡・鎌倉宮・報国寺

◆ カワトンボ飛ぶ永福寺跡



◆ 永福寺跡


◆ 川蜻蛉


前号からの続きです。
瑞泉寺から戻る途中、「永福寺跡」の造成工事の進み具合を見に立寄ってみました。
広大な跡地の一部はフェンスに囲まれ、平地にはなっていましたが工事車両が出入りしている様子も無く、雑草が生茂っているだけでした。
ひょっとして秋にはまた、あの「ススキの原」が見られるのではと期待しています。
水辺には「カワトンボ」が飛び交っていました。

     川とんぼ見しより風の身近なる  (近江小枝子)

※ 以下の写真は5月8日撮影したものです。




◆ ?


◆ 楓の花


永福寺跡付近を流れる二階堂川岸には、名も知らぬピンクや白色の小花がいっぱい咲いていました。
川岸に枝垂れる楓には、ピンク色をした可愛いプロペラ状の花を沢山付けています。

     花楓一枝そへて祝のもの  (坊城としあつ)

◆ 薊の花咲く 鎌倉宮



◆ 鎌倉宮本殿


◆ 薊の花


永福寺跡から金沢街道に出る前に「鎌倉宮」を覗いてみました。
太平殿(休憩所)前には薄紅色の「アザミ」の花が咲いていました。

     あざみ あざやかな あさの あめあがり  (山頭火)



◆ 躑躅と獅子頭


◆ 苧環の花

     
                                        をだまきや旅愁はや湧く旅のまへ  (水原秋櫻子)

◆ 爽やかな風吹き抜ける竹の庭 報国寺



◆ 報国寺山門


◆ 都忘れ


鎌倉宮を後に、金沢街道を竹の寺「報国寺」へと向かいました。
山門を潜って本堂への石段の少し手前左手には、薄紫色の「都忘れ」の花が咲いています。

     人恋し都忘れが庭に咲き  (高橋淡路女)

     



◆ 木下利玄歌碑


◆ シャガの花


竹林への入り口脇には木下利玄の歌碑があります。

    あるき来てものゝふ果てし岩穴の ひやけきからにいにしへおもほゆ  

傍らには「著莪」の花がひっそりと咲いていました。

     

◆ 爽やかな風吹き抜ける竹の庭



◆ 若竹


◆ 竹の子とお地蔵さん

     
         
         脱ぎ捨てひとふし見せよ今年竹  (蕪村)     笋の番してござる地蔵かな  (一茶)


No.275
No.277