トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第350号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.350(2008年11月24日)



No.349
No.351



◆ 晩秋の覚園寺 (かくおんじ)

◆ 秋の雨小さな旅路…



                        
                        秋の雨小さな旅路濡らしけり  (塙 告冬)

        前号からの続きです。
        正午過ぎから小雨が振り出しましたが、大塔宮(鎌倉宮)から徒歩10分程の所にある覚園寺の
        紅葉の様子を観に行って来ました。
        山門を潜った愛染堂前庭の紅葉は思っていたよりも紅葉が進んでいましたね。
        ※ 以下の写真は11月24日撮影したものです。
        
        

◆ 降られゐることもしづかな…




                        
                       降られゐることもしづかな紅葉狩り  (稲畑汀子)

          境内は通常雨天時は拝観中止なのですが、今日は14:00の拝観コースに間に合いました。
          拝観料300円也を払い境内に入った頃から雨脚が強くなって来ました。
          境内の紅葉にはまだ早かったようですが、大銀杏の黄葉は綺麗でした。
          境内は撮影禁止になっていますのでお見せ出来ないのが残念ですねぇ。




◆ 拝観といふ心にて…




                        
        拝観といふ心にて見る紅葉  (粟津松彩子)

        境内には茅葺屋根の薬師堂があり、薬師如来、日光菩薩、月光菩薩、鞘観音などの仏像を
        拝観出来ます。
        他にも黒地蔵を安置する地蔵堂、茅葺屋根の古民家、十三仏が祀られている大きなやぐら
        なども拝観出来ます。
        案内の方が仏像や仏事、歴史のことなどを面白おかしく説明してくれます。  
        所要時間は50分程です。
        
        



        
         覚園寺の愛染堂前庭は、12月上旬辺りが見頃ではないでしょうか。
         境内の中の紅葉はバラつきが有る様ですが、12月中旬頃が見頃のようです。
         拝観時間は 10:00 11:00 13:00 14:00 15:00 となっていましたが、曜日に依っても
         変更が有るようですのでお出掛け前に確認されることをお奨めします。
         雨天時は前庭は拝観自由ですが、境内の中は拝観中止になるのでお気を付け下さいね。

                                                          おわり


No.349
No.351