トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第376号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.376(2008年12月23日)



No.375
No.377



◆ 初冬の海蔵寺 (かいぞうじ)



   【山門から本堂を眺む】

                        
                        雲動き初冬の日ざしこぼしけり  (稲畑汀子)

             前号からの続きです。 壽福寺を後に扇ガ谷最奥の扇谷山海蔵寺を訪ねました。
             ※ 以下の写真は12月23日撮影したものです。



   【白椿の花】


   【赤椿の花】

        
     地に近く咲きて椿の花おちず (飯田蛇笏)              赤もまた冷たき色よ冬椿 (久屋三秋)



   【三椏の莟】


   【 水 仙 花 】

         
                真中の小さき黄色のさかづきに甘き香もれる水仙の花  (木下利玄)



   【万 両(赤)】


   【万 両(白)】

                       
                        万両にかゝる落ち葉の払はるゝ  (高浜年尾)



   【雪柳の紅葉】

        
        境内で一番目を惹くのは雪柳の黄葉でした。
        真っ白の花をつけて風に揺れる雪柳も綺麗ですが、黄葉した雪柳も趣がありますねぇ。
        真っ赤な野点傘の付近には水仙の花が咲き、三椏の莟も膨らんで来たようです。
        本堂裏の庭園には水芭蕉に似た純白のカラー(オランダ海宇)の花が一株だけ咲いていました。



   【本堂裏庭園】


   【底脱の井】

        
                                          底脱の井の破れ蓋紅葉散る  (嶋村くにを)



   【 隈 笹 】


   【残る紅葉】

 
      笹の葉におく霜よりもひとり寝る                   羨まし美しうなりて散る紅葉 ( 支 考 )
       我が衣手ぞさえまさりける (紀貫之)

                                                            おわり


No.375
No.377