トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第495号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.495(2009年6月6日)



No.494
No.496



◇ 紫陽花巡り 雨に煙る紫陽花寺 明月院 A



        
        前号からの続きです。
        雨も霧雨程度になると、拝観者がぞくぞくと入山して来ました。
        明月院境内で紫陽花のメインとなる所は、やはり山門前の磨り減った鎌倉石の石段参道ですね。
        ※ 以下の写真は6月6日撮影したものです。
        

◇ 山門へと続く姫紫陽花の道…



   【参道の紫陽花】


   【山門前の紫陽花】

        
        なるべく人影が少なくなるのを待ち構えて撮るのですが、上り降りする拝観者で途切れることは
        ありませんでした。 (閉門ギリギリまで粘って撮れましたー♪)
        




                 
                  あぢさゐの八重咲く如く八つ代にを
                          いませわが背子見つつ偲はぬ  (橘 諸兄)



   【花想い地蔵】


   【紫陽花と蝶】

             
                     花想い地蔵

             人は誰しも                     そんな時
             はかない花の想い出の中に           ふと目に止った花が
             生きています。                   どんなにか
             大切な人との別れ、                心を慰めてくれたことでしょうか。
             いとおしい物との別れ                  いつくしみ深き花地蔵             



   【方丈前に咲く紫陽花】




   【方丈紫陽花殿丸窓から後庭園を望む】


   【紫陽花越しに開山堂を望む】

                       
                       霧を生むその紫陽花の多情かな  (阿波野青畝)




        
        境内の紫陽花は、今週末が見頃と予想していたのですが、まだ少し早かったようですね。
        「明月院ブルー」 と云われる深い青色に染まる頃もう一度訪れてみたいと思います。
        山門前の拘りのカットも、粘りに粘って撮れたことだし、マンゾク、満足♪
        
                                                             おしまい


No.494
No.496