トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第557号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.557(2010年1月4日)



No.556
No.558



☆ 新春の花の香り 長谷寺



   【鎌倉高校前駅にて】

            
           前号からの続きです。
           船祝いを楽しんだ後、腰越漁港から直ぐの 「満福寺」 を覗いてから、七里ガ浜沿いを
           歩いてみましたが、冬の海辺は寒く、早々に鎌倉高校前駅から江ノ電に乗り、長谷寺
           に向かいました。



   【鎌倉高校前駅にて】 


   【鎌倉高校前駅ホームからの景色】

                        
                        手で顔を撫づれば鼻の冷たさよ  (高浜虚子)                        



   【長谷寺山門前にて】

            
                 長谷寺の山門前に佇むと、ロウバイの芳香が漂ってきます。
                 放生池畔には、水仙や木瓜、海芋の花などが咲いていました。
                 福寿草の莟も膨らみ、春の訪れが近いことを感じさせてくれます。



   【 日本水仙 】


   【 梅もどき 】

                        
                        水仙の花の高さの日影かな  ( 智 月 )



    【 ロ ウ バ イ 】


   【 ロ ウ バ イ 】

                
                      金蓓春寒に鎖され 人を悩ます香いまた展びず
                      桃李の顔なしと雖も 風味極めて浅からず
                      体熏じ山麝の臍 色は染む薔薇の露
                      披払して襟に満たざるも 時に暗黒の度るあり

                                              (黄山谷)



   【 山 茶 花 】


   【 黄 水 仙 】

                 
                       山茶花はつぎつぎあかき莟もてり
                              咲きをはるべきときのしらなく
                                           (中村憲吉)



   【 福 寿 草 】

                
                       福寿草黄金花ぐきほのぼのと
                             ふふごもる春にあひにけらしも
                                           (尾山篤二郎)


No.556
No.558