トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第582号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.582(2010年2月20日)



No.581
No.583



☆ 腰越〜七里ガ浜〜稲村ガ崎夕景



   【七里ガ浜夕景】

            
           前号からの続きです。
           江ノ電江の島駅の近く 「備屋」 でランチタイム。 此処のビーフシチュウも美味しかった
           ですよ。
           暫し休憩の後、腰越 (こしごえ) 駅の近く、源義経ゆかりの寺 「満福寺 (まんぷくじ)」
           を覗いてみました。

◇ 義経縁の寺 満福寺 (まんぷくじ)…



   【江ノ電と満福寺】


   【 襖 絵 】

            
           本堂の展示室には、弁慶が認めたと言われる 「腰越状」 の下書きや、鎌倉彫の技法で、
           義経と静御前の別れの場面を描いた漆画の襖絵があります。

◇ 義経、静御前の別れの場面 襖絵…



   【 襖 絵 】


   【 襖 絵 】

                    
                    吉野山峰の白雪踏みわけて  入りにし人のあとぞ恋しき
                    静や静しずのおだ巻きくり返し  昔を今になすよしもがな

湘南の風物詩 若布の天日干し…



   【若布の天日干し】

           
           つぎに、満福寺から直ぐの 「小動 (ゆるぎ)神社」 を覗いてから、久し振りに海伝いに
           歩いてみました。 
           海辺では、湘南の早春の風物詩 「若布の天日干し」 を見ることが出来ました。
           採取した若布を一昼夜天日干しにして乾燥若布を作ります。


                        小動の潮風うけて若布干し  (竹内雅子)


◇ 七里ガ浜波打ち際を歩いて…



   【七里ガ浜から江ノ島を望む】


   【波打ち際で拾った陶器の欠片】

            
            七里ガ浜の波打ち際を、ビーチコーミングの真似事をしながら稲村ガ崎まで散策。
            今日の砂浜は、打ち上げられた物も少ない綺麗な砂浜でしたので、茶碗と皿らしきもの
            の欠片3点ゲットでした。
            何時頃の物かは、ド素人には分かりませんが、鎌倉時代の器にしておきましょうね。

◇ 久し振りに観る稲村ガ崎からの影富士…



   【稲村ガ崎からの夕日】


   【影 富 士】

            
            途中でティータイム、再び波打ち際を歩いて 「稲村ガ崎」 へ着く頃には、夕陽が伊豆の
            山並みに沈もうとしていました。

                       七里ガ浜夕日漂ふ波の上
                           伊豆の山々果し知らずも  (西田幾多郎)




   【稲村ガ崎から観る江ノ島と影富士】

            
          日が沈んで暫くすると、それまで全く姿が観えなかった富士山が浮かび上がって来ました。
          微かでしたが、久し振りの影富士に感動しました。
          週末でテールランプの帯が続く134号線を由比ガ浜方面へ。三浦半島の灯かりを観ながら、
          鎌倉駅まで歩く予定でしたが足下も悪く、冷え込んで来た事もあり、長谷駅から江ノ電に乗
          り鎌倉駅へ。
          小町通りの蕎麦処「峰本」で紫蘇茗荷そばを頂いてから帰路につきました。

                                                      おしまい

            
            


No.581
No.583