トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第681号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.681(2010年8月3日)



No.680
No.682



☆ 江ノ島 / 龍口寺 (りゅうこうじ) 

◇ 炎天に咲く百日紅の花!



                        
                        旅なればこの炎天も歩くなり  (星野立子)

           鎌倉駅から江ノ電に乗り、江ノ島駅で降車、日蓮聖人の龍の口法難で知られる江ノ島
           片瀬に在る 「龍口寺」 の百日紅の花を観に行ってみました。
           平日の朝の江の電車内は混雑もなく、建物や生垣を擦れ擦れに走る沿線の景色や、
           車窓から眺める湘南の海を楽しむことが出来ました。



◇ 江の電車内からの風景 鎌倉高校前駅付近


◇ 嵐電カラーの江ノ電 龍口寺前

           
          龍口寺前では、路面を走る江ノ電をまじかに撮ることが出来ます。
          嵐電号 (らんでんごう) のヘッドマークをつけた嵐電カラーの江ノ電1502Fです。
          昨年10月14日の 「鉄道の日」 に、京都・鎌倉姉妹鉄道提携を結んだ時のイベント号です。
          江ノ電カラーと似ていますが、 江ノ電1502Fとは微妙に違いますね。
           



◇ 龍口寺山門


◇ 本堂と百日紅

           
            仁王門から石段を上り、江戸時代末期の築といわれる、趣のある山門を潜ると正面に
            本堂が見えます。 本堂左手前には、見頃を迎えた百日紅の花が咲いていました。
            本堂の右奥には、鎌倉唯一といわれる木造建築の五重塔が在ります。

           



◇ 山門と百日紅

                   
                   みずみずしき運命みえて咲きそむる
                            今年の百日紅のくれなゐ  (佐藤佐太郎)



◇ 五重塔と百日紅


◇ 山門と百日紅




◇ 天水鉢に映る大書院


◇ 延寿の鐘

           
           暫く本堂前に座り、百日紅の花を眺めたあと、信州松代の旧松代藩藩邸を移築、三層の
           屋根が美しい大書院を見てから 「延寿の鐘」 を一打突いてきました。
           鎌倉を散策していて、鐘楼は見かけるが、普段鐘が突けるお寺は此処だけでしょうか。
           一人一回だけですが、何度か突いてみたいほど気持ちが良いものです。



◇ 江ノ島海水浴場 展望灯台にて

           
            龍口寺を後に、19:30から行われる江ノ島納涼花火大会に向かいました。
            まだ4時間ほどありますが、混雑する前に展望灯台に上がり、360度の景観と夕陽に
            期待するとしましょう。

                                                   つづく


No.680
No.682