トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第721号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.721(2011年3月19日)



No.720
No.722



◇ 花々が疲れた心を癒してくれます 長谷寺 (はせでら)

◇ 春を告げる花々が咲く境内…



◇ 寒緋桜 

              
          前号からの続きです。 花想い地蔵の詩を思い出し、花の多い 「長谷寺」 を目指しました。
          久しぶりに、江ノ電も運転されていたので長谷駅まで乗ったが、車内はガラ空き状態でした。
          長谷の街中は車も少なく、歩行者も僅かでした。

◇ 青空に映える白木蓮…



◇ 桜草と江ノ電 江ノ電鎌倉駅


◇ 白木蓮

              
          長谷寺は花の寺としても知られていますが、境内に一歩踏み入ると、真っ白な木蓮の
          花が目を惹きます。 ほかにも、春を告げる花々が咲いています。
          水仙・福寿草・木瓜・バイモ・檀香梅・万作・黄梅・団扇の木・山茱萸・深山含笑花・椿…etc

◇ 三椏の花満開…



◇ 三椏の花 (赤花)


◇   〃    (黄花)

                        
                       三椏のはなやぎ咲けるうらゝかな  (芝不器男)


◇ 春を告げる花 土佐水木…



◇ 土佐水木 (とさみずき)


◇ 玄海つつじ


◇ ピンクの蕾が可愛い小米桜…



◇ 小米桜 (こごめざくら)

                   
                      うす色の小ごめ桜に雨ふれば
                            さゞ波さむし春のみづうみ  (太田水穂)



◇ 福寿草 (秩父紅)


◇ 四手辛夷 (しでこぶし)


◇ 寒緋桜が見頃…



◇ 寒緋桜 (かんひざくら)


◇ 鈴蘭水仙 (別名スノーフレーク)

              
    台風、洪水、地震、津波など自然の猛威に、人間はなす術もありませんね。
    自然を侮ってはいけません。 が、自然界はまた、人間に安らぎ、和み、希望や活力を与えてくれます。
    被災地の人々は勿論の事、皆さんも大変な局面を迎えています。 日本人は辛抱強い、我慢強い国民です。 
    偶には、美しく、逞しく咲く花々を眺め、小鳥の囀り、小川のせせらぎ、波の音に耳を傾けては如何でしょうか。
    安らぎ、心に余裕が、希望が湧いて来ます。 そして、一日も早く通常の生活に戻れますようがんばりましょう。
       「お出でまし鎌倉へ」  どっかで聞いたようなフレーズ…(パクっちゃいましたー)   おしまい
              


No.720
No.722