トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第749号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.749(2011年4月17日)



No.748
No.750



◇ 東日本大震災復興支援 「流鏑馬」 鶴岡八幡宮 @ 



             
          恒例の 「鎌倉まつり 」は、3 ・ 11の大震災のため中止となりましたが、 「大震災復興支援」
          に形を変えて 4月17日 (日) 13:00 から武田流一門の皆さんにより 「流鏑馬」 が奉納され
          ました。
          アップが遅くなってしまいましたが当日の様子をお届けします。




             
            今回は 「天長地久 鎌倉から」 と書かれたリストバンドを三千円で購入すると椅子席
            が用意されていました。
            何時もは場所取りもあって、4時間ほど前から地べたに座って待機していましたが、
            椅子がある分楽でしたね。







             
            出陣、舞殿での神事の様子は撮れませんでしたが、馬場入りの様子からです。
            馬場中央から、旗持ち、陣太鼓、的目付、など所役の皆さん、そして射手の皆さんが、
            馬場下、三の的、二の的、一の的、馬場上へと行進します。
             







             
            今回は特別に三か所の的の前で、被災地の復興を祈願して 「天長地久之式」 が
            執り行われました。
             「てんはながくちはひさし」 狩り装束の射手が、天と地に対して鏑矢を番え、弓を
            満月のように絞り早期復興を祈願します。
            通常は舞殿に於いて天下泰平、万民息災、五穀豊穣を祈願して執り行われます。




             
             騎射本番の前に、弓を射ずに 「素馳 (すばせ )」 馬場慣らしを行います。

                                                       つづく


No.748
No.750