トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第78号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.78(2007年4月15日)



No.77
No.79



鎌倉まつり「流鏑馬」



     【鶴岡八幡宮境内にて】
   
   「鎌倉まつり」の最終日を締めくくる「流鏑馬」

   の神事が鶴岡八幡宮にて執り行われました

   「流鏑馬」は 春季ー武田流 秋季ー小笠原流

   の年2回行われます

   *以下の写真は4月15日撮影したものです

            

   
   

   今回は武田流金子四郎家教氏一門によって奉納

   されました


     【流鏑馬馬場にて】



     【流鏑馬馬場にて】
   
   「流鏑馬」本番の前に13::00から「舞殿」にて神事が

   行われましたがそちらへ行くと本番の際場所の確保が

   出来ない為流鏑馬が始まる (14:00頃)3時間位前から

   待機しました いよいよ「流鏑馬」行事の始まりです

   射手9名が「素馳」と言う馴らし走行を行います

   
   馬場上の扇方の扇の合図が上がりました

   いよいよ「騎射」のスタートです  射手は一番手

   二番手の二組に分かれて三箇所の「的」を全速力で

   駆け抜けながら矢を奉射します

   二の的脇に席を取りました 


     【流鏑馬馬場にて】



     【流鏑馬馬場にて】
   
   三箇所の的から的までの間隔はそれぞれ50m程だそう

   ですが200mの走路を15秒ほどの速力で走り抜けます

   たまに的に当たらない射手もいますが「一の的」から

   「三の的」まで全部「的中!」すると観客から拍手と

   どよめきが沸きます

   

   
   コースを駆け抜けた射手はゴールの馬場下からスタート

   地点の馬場上へ戻ってきます 途中的を射た場所で奉射

   した矢を貰い受けます


     【流鏑馬馬場にて】



     【流鏑馬馬場にて】
  
   「奉射」は板の的でしたがつぎは素焼きの土器に

   五色の切り紙を入れた小さな的になります

   可也難易度が高くなるようですね

   「命中!」すると割れた土器から紙ふぶきが舞い

   ます               つづく


No.77
No.79