トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第843号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.843(2011年9月24日)



No.842
No.844



◇ 彼岸花の咲く頃 北鎌倉 / 浄智寺 (じょうちじ)



            
            秋晴れの下、昨日に引き続き、今日も北鎌倉へ足が向いてしまいました。
            浄智寺総門前の甘露の井前の池の畔には、玉紫陽花が咲いています。
            鎌倉石の石段を上った先には、二層の鐘楼門が在り、鐘楼門脇には薄や萩、鶏頭の
            花が咲き、秋の訪れを感じさせてくれます。



◇ 玉紫陽花と緋鯉


◇ 書院の間




◇ ジンジャーの花


◇ 彼岸花

            
          書院前庭では、真っ白なジンジャーの花が咲いています。 別名 花縮砂 (はなしゅくしゃ)

 
            

◇ 台風15号の爪痕が…



            
            狸塚の在る竹林の奥の山崖からは、先日の台風で木が根こそぎ崩れ落ちていました。
            地形的なものもあるのでしょうか。 かなりの強風だったようです。
            曇華殿 (どんげでん) 前には銀杏の実が沢山散らばっていました。





◇ 山茱萸の実も真っ赤に熟れて…



            
            浄智寺を出て鎌倉街道を右折、踏切を渡ってほどなく、茅葺屋根の建物の反対側の
            路地を入った漢方茶屋 「日々響 (ひびき)」 さんで、早めのランチタイム。
            店の玄関前には、山茱萸(さんしゅゆ)の木が、グミの実に似た真っ赤な実を鈴生り
            につけています。 




◇ 店内の丸窓から

                    
                    鈴なりの朱き山茱萸かざし持ち
                           里におりくればはや夕ぐれぞ  (前川佐美雄)

                                                            つづく


No.842
No.844