トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第911号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.911(2012年1月31日)



No.910
No.912



◇ 蝋梅の香漂う 明月院 (めいげついん)



◇ 満月蠟梅

            
               早や一月も末、今年はことのほか寒気が厳しいようですね。
               粗ひと月ぶりに、北鎌倉の 「明月院」 へ蝋梅の花を観に行ってみました。

                         悴みて短き一語ともならず  (山本紅園)



◇ 時頼廟内の龍の彫り物


◇ 山門への石段と蠟梅

            
          先ずは 「龍」 を探して総門を一周りしましたが見つからず 「時頼廟」 を覗いてみました。
          廟所内の正面に一体の龍の彫り物がありました。 山門、開山堂では見当たらず、本堂横に
          吊るされた小さな鐘の竜頭の部分に龍がいました。



◇ 日射しに輝く蠟梅

            
               境内は蝋梅の花真っ盛りです。  午後の日射しを浴びて輝いていました。
            



◇ 枯山水庭園と蠟梅


◇ 本堂丸窓




◇ 満月蠟梅

            
            蝋梅には四種類ほどあるようです。 花弁が淡い色で花芯が茶褐色の原種、基本種、
            花芯も花弁も濃い黄色の素心蠟梅、花弁がふっくらとして丸みをおびた満月蝋梅など。



◇ 素心蠟梅 (そしんろうばい)


◇ 梅は未だ莟

            
              梅は、日当たりの良い場所にある木でも、未だ莟の状態でしたね。 
              寒が明けて、寒気が少し緩むと、莟も膨らみを増して来るのではないでしょうか。



◇ 万作の花

            
            春の到来を告げる花 「万作」 も咲いていました。 本当に ”金糸玉子” によく似た花弁
            ですねぇ。 
                                                         つづく


No.910
No.912