トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第106号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.106(2006年10月28日)



No.105
No.107



☆秋風来たり、鎌倉



永福寺跡のススキ(10月28日)
◆永福寺跡のススキ

秋風を感じる頃となり、今回は10月最後の鎌倉散策になるので、紅葉に眼を奪われるようになる前に、気になるお寺の花の状況を見てきました。

最初は、永福寺跡のススキ。
以前の紹介時に比べ、穂のボリュームが増していました。微風でも良く揺れます。
私が立っている場所と、狙っているススキの群生地帯では、風の状態は違っているのが良くわかります。とても静かな環境なので、秋風を肌で感じましたよ♪


◆セイダカアワダチソウ

永福寺跡のススキ野原をバックにセイダカアワダチソウを見ると、写真でも絵画のように浮き出て見えてきます。風に良く揺れる花なので、ピントを合わせるのが大変です。

この後、鶴岡八幡宮で新しくなった舞殿をチェック(前号で紹介済)。
その後、材木座の安国論寺にある天然記念物の”サザンカ”の様子を確認してきました。




セイダカアワダチソウ(10月28日)




ツワブキ 安養寺(10月28日)
◆ツワブキ 安養寺

鎌倉葉山線を逗子方向に散策。安養院境内横に差し掛かると、鮮やかな黄色い花がしばらく続きます。
”ツワブキ”ですね。
岩陰や木陰にひっそり咲く花のイメージがありますが、ここでは、いっぱい群生していますので、鮮やかですよ。

◆ススキ 安養院

安養院の正面入り口まで来ると、大きなススキの群生に出会えます。
ちょうど、雲の合間から覗いた太陽の陽に映えて、キラキラと光ってきれいでしたよ。

この後、安国論寺に立ち寄りました。入り口のイチョウは、まだ黄緑色、境内の天然記念物のサザンカは、つぼみをいっぱい付けた状態でした。開花はもう少し後ですね♪


ススキ 安養院(10月28日)



柿実る 長勝寺(10月28日)
柿実る 長勝寺

安国論寺の後は、横須賀線を横切って、長勝寺へ。
長勝寺の境内では、柿の木に、小振りの柿がいっぱい実っていました。
四天王にいつも見つめられて、天敵の鳥達も近寄れないのかもしれませんね。

実りの秋も本番ですよ♪


−おしまい−


No.105
No.107