トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第181号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.181(2007年5月4日)



No.180
No.182



☆風薫る、稲村ガ崎



江ノ電、稲村ヶ崎(5月4日)
◆江ノ電に乗って、稲村ヶ崎

みどりの日、朝一番は、久々に江ノ電に乗って稲村ガ崎まで移動。

駅で待ってる間に、どんな車両に乗れるのか楽しみですよね。
この日乗ったのは、305号系でした。

乗り合わせた子供達に大人気でしたよ。

写真は、稲村ヶ崎駅にて撮影。


◆海岸通、稲村ヶ崎

稲村ヶ崎公園までぶらぶらと移動。

海岸に沿って走る134号線は、そろそろ交通渋滞が始まりました。

ゴールデンウイーク中の移動は、やっぱり徒歩がベストですね。

海岸や海の中はまだまだ、空いていましたよ。



海岸通、稲村ヶ崎(5月4日)



浜昼顔、稲村ヶ崎(5月4日)
◆浜昼顔、稲村ヶ崎

砂浜に下りてみると浜昼顔が咲いていました。

浜昼顔の蔓には根が出ないそうです、砂が動けば役に立ちませんからね。
砂に埋もれた蔓は葉を落として地下茎に変身、
また新しい蔓を砂上に突き出して葉をつけるそうですよ。
砂上という環境に合わせた生き方をしているんですね。

☆風筋は浜昼顔を駈け去りし (加藤三七子)

◆浜昼顔、稲村ヶ崎

実は、いっぱい咲いていました。

由比ガ浜の海岸でも見かけています。


浜昼顔、稲村ヶ崎(5月4日)



浜大根の花、稲村ヶ崎(5月4日)
◆浜大根の花、稲村ヶ崎

まだまだ、咲いているハマダイコンの花。

☆風を待つ浜大根の花盛り (高桑婦美子)

◆春紫苑、稲村ヶ崎

この時期、野山にいっぱい咲いて、初夏の到来を告げる姫女苑(ヒメジョオン)。

稲村ヶ崎公園は、もう初夏の雰囲気ですよ。




姫女苑、稲村ヶ崎(5月4日)



磯遊び、稲村ヶ崎(5月4日)
◆磯遊び、稲村ヶ崎

暑くなると海の中に入ってみたくなります。

潮が引いて浅瀬になった海岸では、結構な人が海に出てなにやら探索中。
水が透き通って、海中の様子が良く見えます。
小さな蛸、貝などが取れるみたいですよ。

夏もどんどん近づいてきましたね!


−おしまい−


No.180
No.182