トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第231号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.231(2007年9月15日)



No.230
No.232



☆シロバナマンジュシャゲ、宝戒寺。



萩の寺、宝戒寺(9月15日)。
◆萩の寺、宝戒寺

鶴岡八幡宮の例大祭もはじまり、鎌倉は、一気に秋模様です。

宝戒寺の境内の萩の花も、シロ、赤、紅白の花が咲き始めています。

でも、今回は、萩の花以外の花の様子をお知らせしますね。

◆シロバナマンジュシャゲ1、宝戒寺

お彼岸が近づいてきましたね。

スーッと伸びた茎の上に、見事なクリーム色の花が咲きはじめました。

曼珠沙華とは、梵語で天上に咲く紅い花という意味だそうです。
白色は?


シロバナマンジュシャゲ1、宝戒寺(9月15日)。



シロバナマンジュシャゲ2、宝戒寺(9月15日)。
◆シロバナマンジュシャゲ2、宝戒寺

こちらは、仲良く2輪が咲き並んでいます。

◆シロバナマンジュシャゲ3、宝戒寺

こちらは、さらに群生! 


お見事!


シロバナマンジュシャゲ3、宝戒寺(9月15日)。



白色フヨウ、宝戒寺(9月15日)。
◆白色ムクゲ、宝戒寺

今日は朝のうち、ちょっと小雨もぱらついたのですが、

お昼ごとには、青空が覗きました。

青葉の中に大きく咲くフヨウの花、青空にはぴったり合いますね。

◆白色フヨウの裏、宝戒寺

偶然に見かけた、花の裏側。

五つ星の緑の額がポイントですね。



白色フヨウの裏、宝戒寺(9月15日)。



ホトトギス、宝戒寺(9月15日)。
◆ホトトギス、宝戒寺

ホトトギスの花の群生がありました。

まだまだ、蕾がいっぱいありましたので、しばらく楽しませてくれそうですよ。


−おしまい−


No.230
No.232