トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第28号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.28(2006年3月11日)



No.27
No.29



金魚葉椿(光則寺他)



金魚葉椿(3月11日)
◆金魚葉椿(光則寺)

☆鎌倉で見つけました。 探し物=”金魚葉椿”

☆長谷寺の近く、光則寺の園内にありました。
紅い花が咲いていますが、葉っぱのほうに注目ください。
葉の先が3つに分かれており、”金魚の尾っぽ”のようになっています。
茶花の一つだそうです。
この尾っぽも育つと変化するとか。

(当面の目標一つクリアです。うれしい!)

◆紅白の椿(光則寺)

紅白は”梅の花”ばかりではありません。

”椿の花”も紅白で観ることができますので、お忘れなく!!。

こうして、梅の花などと比べますと、
椿は深緑の葉があるため、紅白の花も際立って見えると思います。


紅白の椿(3月11日)



落ち椿(3月11日)
◆落ち椿(御霊神社内)

そろそろ、各所で落ち椿を見ることができます。

御霊神社内を散策していて偶然発見。
ちょうど陽があたって、落ちても花びらが光っていましたので気が付きました。

まわりの枯れ落ち葉が、淋しさを冗長するんですよね。

花そのものの雰囲気よりも、周りの環境でイメージが出来上がるように思います。

◆おまけ:金魚葉椿(我が家)

光を落として撮影しましたので、葉っぱの形を良く確認いただけると思います。

つぼみは付いているのですが、なかなか花が咲いてくれません。

”金魚の葉っぱ”だけを毎日チェックしています。

鎌倉で見つかったのでもう安心、こちらの開花は、気長に待つこととします。


金魚葉椿



稲村ヶ崎の夕陽(3月11日)
◆稲村ヶ崎の夕陽

夕焼けの富士山を見に稲村ヶ崎に立ち寄りました。

夕方5時過ぎ。
江ノ島に向かって沈んでいく太陽
波が引いた時に砂浜に浮かび上がる光の帯
押しては引く波の音

富士山は見えなかったけれど、
夕陽の情景を心に深く刻み込みました。

−おしまい−


No.27
No.29