トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第3号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.3(2006年1月8日)



No.2
No.4



報国寺まで



つらら(1月7日)
「つらら」発見。

朝比奈切通しを鎌倉街道に向かって下っていきますと、
道の横を湧水が流れ始めます。

岩壁も湿地状態で落ち葉がきれいに保存されているのを
見ていますと、湧水が垂れた木の根に添って伸びたつらら
を発見しました。
自然の造形美はすごいです。もうam11:00過ぎですが、
結構大きく何日も残っているようです。
市内に居ながら今年の寒さを改めて実感しました。

数年前に見た「冬桜」を期待して、
鎌倉街道から華の橋を渡り、報国寺に立ち寄りました。

残念ながら、冬桜の木は枯れ木となりどれが桜の木か
見分けも付かなくなっていました。残念。

朝比奈切通しの氷柱同様、ここの竹の庭の入り口にある
金魚鉢にも厚い氷が張っていました。水草の氷結の下で
金魚が泳ぎ難そうでした。

この近辺の古寺でも手水鉢の水が全て凍っていました。


報国寺の金魚鉢(1月7日)



報国寺竹林(1月7日)
ご存知の「竹の庭」の竹林です。

この季節は、訪れる人も少なく、穴場です。
椿、千両/万両、南天、蝋梅も咲き始めていましたが、
ここはやはりすらっと天に向かって伸びた竹です。
心がとても和みます。

ここでも「紅葉の落葉」が残っています。

竹の庭内にある茶席近くに、毎年赤く染まるもみじ
の木があり、竹林越しの紅葉の風景がとてもきれいで
気に入っています。

今日は竹の庭の出口辺りで紅葉の落葉を見つけました。
落ち葉をきれいに清掃されるところもありますが、
自然のままの状態を維持して頂けるのも、心使いを
感じて大変感謝します。



報国寺の落ち葉紅葉(1月7日)



今日の夕陽(1月7日)
最後は、滑川橋から撮った今日の夕陽です。
(材木座海岸)

山(切通し)に登って、川沿いを下り、橋を何度も渡り、
30分もあれば海岸に出られます。
これも鎌倉という地形の特徴。
空が茜色になり始めますと自然に海側に足が向きます。
湘南道路沿いは、富士山、江ノ島の夜景ポイントですが
毎回、夕陽の風景は毎回変わって飽きることがありません。
太陽が地平線に沈みますとそろそろ家路に着きます。

以上


No.2
No.4