トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第315号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.315(2008年2月24日)



No.314
No.316



★枝垂れ梅も見頃に、宝戒寺!



◆枝垂れ梅、正面から


◆枝垂れ梅、見上げる

◆枝垂れ梅、見頃です。

小町の宝戒寺の本殿前。「宗園梅」と呼ばれている有名な、大きな枝垂れ梅があります。

地面に届きそうなほど枝垂れた枝振りが見事。そろそろ花も見頃になりましたよ。
この大きな梅の木は、見る角度によって、全体の形が随分と変わりますので、皆さんも試してみてください。

正面から、そして、近づいて下から青空と一緒に見あげたところを紹介します。



◇思いのまま、花二輪


◇思いのまま、花一輪

◆思いのままの梅の花数、増えました。

石畳の参道を通って境内に入ったところにある”思いのまま”の梅の木。
先週に比べて、開花した花数が増えてきました。
白地の花びらに、うっすらとしたピンク色に染まった可愛い花が見えるようになりましたね。

今のところ白組の勝ちですが、枝によっては、すっかり紅い花も咲いていましたよ。



◆思いのまま梅、つぼみいっぱい。


◆福寿草もいっぱい。

◆福寿草もいっぱいです。

思いのままは、梅の木の上部から花が咲き出しているようです。
ちょっと望遠レンズで見ないとはっきりしないですが、白い花の中にピンクの花が混ざって咲いているのが見えますか?

福寿草が、土の中から、もっこりと出てきた花がめずらしかったのがつい先週でした。
足元には、もう、いっぱい黄色い福寿草の花が咲き出しましたね。



◆白椿の花


◆ピンクのわびすけ椿

◆椿の花咲く、

忘れてはいけない椿の花も、まだ元気に咲いていました。
このピンク色の椿の花は、開花時期が長く、楽しませてくれますね。
紅、白、黄色と色鮮やかな花が咲いている宝戒寺からのレポートでした。

〜おしまい〜


No.314
No.316