トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第321号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.321(2008年3月8日)



No.320
No.322



★春うらら、紅梅咲く安国論寺〜宝戒寺!

◆紅梅咲き出す、安国論寺!

来迎寺から鎌倉駅に戻る途中、路地裏の梅の香りを嗅ぎながら、ちょっと遠回りをして安国論寺へ。
鎌倉の他の場所に比べてちょっと遅いですが、枝垂れ梅も紅梅も咲き始めていましたよ。
本殿横の大きな紅梅の木。まばらですが花が付き始めていました。ここの梅の見頃はもう少し先ですね。



◇紅梅、安国論寺!


◇紅梅、安国論寺!

◆枝垂れ梅、満開の宝戒寺!

こちら宝戒寺の枝垂れ梅は満開ですね。すでに花びらがひらひらと散り始めていましたよ。
少し撮影の角度を変えて、本堂の大きな屋根瓦と一緒に撮ってみました。



◇枝垂れ梅、宝戒寺!


◇枝垂れ梅、宝戒寺!

◆紅白と桃色の梅の花満開!

境内を散策すると、紅梅、白梅、そしてピンク色の梅が咲き誇っていました。淡い春色が、なんだか心を落ち着かせて、ワクワクさせてくれます。



◇紅白色の梅の木、宝戒寺!


◇紅桃白色の梅の木、宝戒寺!

◆思いのままと枝垂れ梅!

思いのままに咲く梅の花も満開です。特長的なところを切り取ってみました。
紅白の花が交じり合った梅の木、枝垂れ梅の白花です。



◇思いのままに咲く梅


◇枝垂れ梅、白梅



◇枝垂れ梅の木


◇思いのままの木

◆思いのまま梅、満開!

思いのまま、一本の枝から、紅い花と白い花が並んで咲いていました。
そろそろ花びらが舞い始めましたよ。
春うらら、梅の花びらの散るすがたを見て桜の花吹雪を予感しますね。
☆白梅にひと日南をあこがれぬ(石川 啄木)

〜おしまい〜



◇思いのままの梅の花


◇思い出のまま


No.320
No.322