トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第44号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.44(2006年4月30日)



No.43
No.45



☆こいのぼり、鎌倉に舞う。



浜大根の花(4月30日)
◆浜大根の花

今日は、早朝より晴れ模様。
富士山に出会えないかと、江ノ電に乗って稲村ヶ崎まで。
しかし、結果は、ご覧のとおり。

稲村ヶ崎の海岸では、浜大根の花が満開でした。
浜大根の花越しに見る江ノ島も、ちょっと霞んでいます。
こういう日は、その先にある富士山も姿が見えないようですね。残念。

◆浜昼顔の花

花大根の咲いている近くの砂浜には、浜昼顔が自生していました。

まだ、蕾が多かったですが、少しずつピンク色の花が開花。

みなさん、海岸を歩く時には、足元に気をつけて!!!


浜昼顔の花(4月30日)



由比ガ浜を望む(4月30日)
◆由比ガ浜を望む。

稲村ヶ崎からの帰り道、長谷寺に立ち寄り。
長谷寺は、先日のレポートに比べて、さらに春の花の開花が進んでいました。
牡丹、芍薬、藤、春モミジ、大手マリ、アヤメ、シャガ。

本堂横のあるアジサイの花の小道には、今はシャガが満開。
昨年よりも一段高いところに新しい小道ができていました。
そこから見る、由比ガ浜の景色です。
おやおや?、空に向かって、なにか魚が連なっているのでは?


◆こいのぼりと凧。

由比ガ浜に下りていってみると、こいのぼりを発見。

”鎌倉凧の会”の方たちが、凧を揚げていました。
凧の糸の途中にこいのぼりがついていたんですね。
青空に向かって、スイスイと風に舞っていました。



こいのぼりと凧(4月30日)



こいのぼりとサーフィン(4月30日)
◆こいのぼりとサーフィン。

由比ガ浜の海上は、ご覧の通り、強風で波が大荒れ。
ウインドサーフィンも海上を飛んでいるようでした。
そのちょっと上を、ゆうゆうと泳ぐこいのぼり。
気持ち良さそうですね。

偶然の発見でしたが、旬のこいのぼりを鎌倉の海で見えて、大満足。

−おしまい−


No.43
No.45