トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第54号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.54(2006年5月27日)



No.53
No.55



またまた、五月雨の鎌倉より。



匂番茉莉(5月27日)
◇今日も予報が当たって、鎌倉は五月雨!

横浜の自宅近くのアジサイが一気に色付き始めました。
雨でしたが鎌倉の様子が気になり、足早にチェックして来ましたので、旬の花の状況をお知らせします。

匂番茉莉(においばんまつり)の花が、鎌倉のいろんなところで咲いていました。
咲き始めは、紫色、その後、藤色、日が経つと白っぽく花の色が変化しますので、花の木全体は、深緑の葉の色も含めて、4色が混在で美しく鮮やかに調和して見えます。

花の名前の通り、ジャスミンに似た芳香があり、写真を撮っている間、匂いに包まれていました。

◇アジサイ大虹(光則寺)

鎌倉に行く前、近所で立ち寄ったお店の親父さんから、「先週の大きな虹見た!、写真撮ったの!」と話しかけられてしまい、また思い出してしまいました。見ることは見たのですが、期待する程の虹の写真が残せなかったのは今でも心残り。

落ち込んだ気持ちを引きずって鎌倉へ。

アジサイ大虹の写真を載せます。七色に見えますか?
私には見えます(妄想?)。


アジサイ大虹(5月27日)



四季咲きのアジサイ(5月27日)
◇四季咲きのアジサイ(光則寺)

島のアジサイとのコメントが付いていました。
今はまだ咲き始めだからでしょうか、徐々に色づく花の色が余計に清涼感を醸し出して感じます。

名前からすると、四季を通じて咲くのでしょうか??





◇アジサイ舞妓(光則寺)

先日レポートした時には気が付きませんでしたが、このアジサイの花全体を見ると舞妓さんがしなやかに踊りを踊っているように見えてきました。

うーん、ちょっと艶っぽい!
(すいません、媒酌を頂いた後です)

アジサイの本番を前に、もう充分堪能してしまっています。





アジサイ舞妓(5月27日)



時計草(5月27日)
◇時計草

鎌倉の路地を歩いていて偶然ですが、時計草に出会いました。
実物とは、初対面です。満開ですね。(ちょっとピンボケで失礼)
文字盤と時計の針(雌しべ)がちゃんと見えます。
時計草耳を寄せれば波の音(及川 和子)
由比ガ浜の波の音が聞こえましたよ(わびすけの妄想)。

金魚(葉椿)、時計(草)と言い、自然の草木花の芸術だ思いませんか、目が離せません。金魚葉椿は、今、若々しい新芽の金魚がいっぱいです。(密かに定点観測継続中)

−おしまい−


No.53
No.55