トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第549号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.549(2009年8月15日)



No.548
No.550



☆地域ならではの盆踊りに出会う、北鎌倉!

◆夕暮れの中、盆踊りが始まる、円覚寺境内!

今週は、何度も大きな地震があり、大きな台風が関東を通過、鎌倉花火大会も中止と心配事と残念な事が続きました。
今週末は再び暑い夏の天気に逆戻り、平穏なお盆休みになりました。
夕方、北鎌倉で行われた”盆踊り”に出かけて楽しんできましたので紹介します。
お盆に帰ってきた祖霊を慰めることから始まった盆踊りの行事は、過ぎ行く夏を惜しんだり、人の出会いや地域のコミュニケーションとしての踊りにもなってきたそうです。盆踊り会場は、円覚寺の山門周辺。
午後7時頃から踊りが始まると聞いていましたが、ちょっと出遅れたのと、夜間の撮影技術が伴わず、提灯だけが目立つ、黒っぽい写真になってしまいました。
夏の夜の盆踊り大会の雰囲気だけでも感じていただければと思います。



◇盆踊りの会場は、円覚寺/山門周辺!



◇みんなで輪になって踊る、盆踊り!

◆子供達も大人もいっしょになって楽しみました!

北鎌倉駅から盆踊り会場の円覚寺/山門周辺までの道では、幼稚園児の描いた絵で造ったかわいい提灯が足元を照らしてくれました。
手造り感いっぱいのイベントは、親しみがあって大好きです。
太鼓と囃子の音楽に合わせて、輪になって踊りました。
踊りには、地域の人だけでなく、だれでも自由に参加できます。
浴衣姿で参加されている方も多く、涼しい夏の日の夕方の時間を楽しく過ごさせてもらいました。
☆「てのひらをかへせばすすむ踊りかな」(阿波野 青敏)
〜おしまい〜



◇山門を彩る数々の提灯!



◇踊り手チームの皆さんに習って踊る!


◇浴衣姿でうちわを持って踊る!



◇北鎌倉駅まで続く提灯のあかり!


◇会場までの道を照らす、提灯の絵!


No.548
No.550